【ニューズレター】「中国におけるOEM生産と商標法上の「商標の使用」をめぐる最新状況 ―近時の最高人民法院判決及び商標法改正を踏まえて―」

かねてより議論されてきた中国におけるOEM生産の「商標の使用」ないし商標権侵害該当性の問題について、近時の最高人民法院判決(2012年、2015年)及び商標法第3次改正(2013年改正、2014年施行)等を踏まえて、実務上のポイントを解説いたします。

→この記事が掲載された「TMI Associates Newsletter Vol.27」のPDFを見る

ページの先頭へ