【ニューズレター】「ハーグ協定に基づく意匠登録出願に関する注意事項」

日本がハーグ協定ジュネーブアクトへ加盟し、意匠の国際出願の受付が開始された2015年5月13日から2年が経過しました。ハーグ協定は、海外において意匠出願を行う新たなルートとして、また、日本における意匠登録出願数増加の一助となり得る制度として注目されていましたが、本稿では、加盟後の状況及びハーグ協定の概要を示したうえで、同協定を利用した出願において注意すべき点について解説いたします。 

→この記事が掲載された「TMI Associates Newsletter Vol.32」のPDFを見る

ページの先頭へ