【ニューズレター】「商品の形状等のみからなる立体商標の識別力に関する近時の判断傾向」

商品の形状等のみからなる立体商標についての近時の裁判や特許庁審決を通じて登録・拒絶された例を紹介し、その判断傾向を考察いたします。

→この記事が掲載された「TMI Associates Newsletter Vol.35」のPDFを見る

ページの先頭へ