【ニューズレター】「進歩性に関し知財高裁判決を覆した最高裁判決の紹介」

最高裁は、化合物の医薬用途に係る特許発明の進歩性の有無に関する効果の顕著性についての知財高裁の判断を違法があるとして差し戻しました。進歩性の有無について初めて判断が示された最高裁判決について解説します。

→この記事が掲載された「TMI Associates Newsletter Vol.41」のPDFを見る

ページの先頭へ