取扱分野

危機管理 反社会的勢力対応

企業暴排指針の発出、暴力団排除条例の全国47都道府県での施行により、企業における反社会的勢力排除の体制整備がより強く求められております。企業が、ひとたび反社会的勢力と関わりを持ってしまえば、その関係遮断には大きな危険を伴います。

それゆえ反社会的勢力との取引関係に入らないことが非常に重要になりますが、そのためには、取引の相手方の属性調査が不可欠です。

TMIでは、取引関係に入る前の相手方の属性調査のみならず、そのための調査業務フローの構築、反社属性データベースの構築サポートを行うほか、高度な実務経験を要するM&A取引における反社対応のためのデューデリジェンスを行うことが可能です。

また、上場審査においても、関係者の属性調査が、重要な審査項目の1つとなりますが、上場準備企業の役員、株主、重要な取引先などの自己調査、反社会的勢力排除のための体制構築サポートについても、引受証券会社および証券取引所の上場審査実務に精通した弁護士が担当します。

さらに、企業が反社会的勢力との関係を持ってしまった場合の反社会的勢力の不当要求対応、商取引契約の暴力団排除条項に基づく契約解除といった企業の危機状態においても、企業の安全確保に細心の配慮をしつつ、反社会的勢力からの関係遮断を実行いたします。

ページの先頭へ