取扱分野

労働法 人事制度の構築・運用

就業規則は労使関係を規律する最も重要なルールであり、就業規則の内容次第で、労使紛争を未然に防ぐことや、実際の紛争解決において有利に進めることが可能となります。TMIでは、就業規則の作成、変更を含む人事制度全体の構築、運用に関し、名ばかり管理職、メンタルヘルス問題など、近時の重要な労働問題を含む労働問題全般に関する判例等の豊富な知識および実際の紛争解決の経験に基づいて、実務的なアドバイスをご提供いたします。

また、社員の規則違反、不祥事に対する懲戒制度の運用については、各クライアントの制度の運用実態を踏まえたアドバイスを行うとともに、賃金体系の変更、配転・出向などによる人員の適正配置、人員削減のための希望退職制度の構築、運用等についても、制度の公表、運用によって生じることが予想される様々な軋轢や問題点について、具体的なアドバイスをご提供いたします。

この業務を取り扱う弁護士

関連する論文・著書

2010/06/30著書 『グローバル企業の人事リストラ戦略』

関連するセミナー・講演

2016/09/15外部 「Dealing with an Aging Workforce – Legal Aspects concerning Elderly Employees in Japan」
2013/08/06外部 「第5回 セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタント養成講座(労働法)(東京)」
2013/08/06外部 「第5回 セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタント養成講座(労働法)(大阪)」

関連するニューズレター・法令ニュース

ページの先頭へ