論文・著書

『講座 現代の契約法 各論3』

01763
著者等 弁護士 : 髙山崇彦 / 柴野相雄 / 栗山陽一郎 / 稲垣勝之
業務分野 メディア / エンタテインメント / スポーツ
発行日2019/07/01
判型A5判
頁数406頁
出版社青林書院
価格5,724円(税込)
その他執筆箇所
【柴野相雄弁護士、稲垣勝之弁護士】
第16章 エンタテインメント・スポーツ
53 タレントをめぐる契約 (P273~286)

【髙山崇彦弁護士、栗山陽一郎弁護士】
第16章 エンタテインメント・スポーツ
54 プロスポーツ選手の選手契約 (P287~307)
ページの先頭へ
CLOSE

この弁護士に関連する論文・著書

2019/05/25論文 「銀行本体による情報提供業務の解禁と情報銀行」(金融法務事情)
2019/02/01論文 「<連載>職場のAIと法律問題 第5回 従業員のモニタリングとAI-不正検知とプライバシー権侵害の観点から」(労務事情)
2019/01/01論文 「<連載>職場のAIと法律問題 人事労務担当者が押さえておきたいポイント 第4回 採用とAI(2)-個人情報保護の観点から」(労務事情)
2018/11/01論文 「<連載>職場のAIと法律問題 人事労務担当者が押さえておきたいポイント 第2回HRテクノロジー」(労務事情)
2018/10/31著書 『Sports Law 2019』
2018/10/01論文 「<新連載>職場のAIと法律問題 人事労務担当者が押さえておきたいポイント」(労務事情)
2018/07/21著書 『現場のプロが教える 情報漏えい対応のリアル 漏えい事故 実態調査と最新事例』
2018/04/21論文 「IoT・AIビジネスに関するデータ保護と独禁法上の留意点(3)」(BUSINESS LAW JOURNAL)
2018/05/21論文 「IoT・AIビジネスに関するデータ保護と独禁法上の留意点(2)」(BUSINESS LAW JOURNAL)
2018/03/15論文 「住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)の概要について」(NBL)
2018/03著書 『個人情報管理ハンドブック〔第4版〕』
2018/04/21論文 「IoT・AIビジネスに関するデータ保護と独禁法上の留意点(1)」(BUSINESS LAW JOURNAL)
2018/01/01論文 「特集 スポーツビジネスと知的財産」(Jurist)
2017/12/21論文 「AIで変わる法規制 民事責任-AI・ロボットと責任の分配/ビッグデータ、学習済みモデル、AI生成物の保護」(ビジネス法務)
2017/11/01論文 「債権法改正後の金融実務」(金融・商事判例)
2017/09/13著書 『100問100答 改正債権法でかわる金融実務』
2017/03/25論文 「特集 人工知能の未来と企業法務」(会社法務A2Z)
2017/01/09論文 「Key sports law cases and developments to watch in 2017 – Europe, Middle East, Africa, Asia, and Australia」(LawInSport)
2017/01/05論文 「Key sports law cases of 2016 – Europe, Middle East, Africa, Asia and Australia」(LawInSport)
2016/12/20著書 『企業のためのサイバーセキュリティの法律実務』
2016/10/15著書 『日本法の舞台裏』
2016/08著書 『個人情報管理ハンドブック〔第3版〕』
2016/07/14著書 『日弁連研修叢書 現代法律実務の諸問題<平成27年度研修版>』
2016/05/27著書 『M&Aを成功に導く知的財産デューデリジェンスの実務〈第3版〉』
2016/05/01著書 『ジュリスト増刊 実務に効く 企業犯罪とコンプライアンス 判例精選』
2016/04/30論文 「Sports Law(後編)五輪で話題の“便乗商法”。アンブッシュマーケティングとは」(NewsPicks)
2016/04/29論文 「Sports Law(前編)欧州を渡り歩いた日本人弁護士が見た本場のサッカー界」(NewsPicks)
2016/02/01著書 『ペットの法律相談』
2016/01著書 『著作権の法律相談 Ⅱ』
2016/01著書 『著作権の法律相談 Ⅰ』
2016/01/07著書 『IT・インターネットの法律相談』
2015/12/15著書 『注釈破産法[上]』
2015/08/21論文 「連載 ヘルスケア・ビジネス最前線 第4回 介護ロボットと法規制」(ビジネス法務)
2015/06/01論文 「プレイヤーの多様化と急速なグローバル化の中で自社の優位性を特許で確保するために」(The Lawyers)
2015/06/21論文 「新連載 ヘルスケア・ビジネス最前線 第2回 ウェアラブル機器・ヘルスケアアプリと薬事規制」(ビジネス法務)
2015/05/21論文 「新連載 ヘルスケア・ビジネス最前線 第1回 ビッグデータの利活用」(ビジネス法務)
2015/03/10論文 「実務解説 最新M&A判例 第15回 新株発行の無効の訴えの確定判決に対する再審の訴えに係る原告適格・再審事由」(金融法務事情)
2015/01/10著書 『民事訴訟法判例インデックス』(商事法務)
2015/01/05論文 「民法改正要綱仮案と銀行実務への影響」(金融)
2014/11/30著書 『破産法大系 第1巻 -破産手続法-』
2014/11/19著書 『Q&A債権法改正かわる金融取引』
2014/11/05著書 『倒産法改正150の検討課題』
2014/09/25論文 「改正会社法と実務対応Q&A Ⅰ企業統治(ガバナンス)に関連する改正項目」(金融法務事情)
2014/05/30著書 『会社裁判にかかる理論の到達点』(商事法務)
2014/05/06著書 『倒産と担保・保証』
2014/04/25論文 「新設分割の残存債権者による詐害行為取消権行使の可否(エーアールエー債権回収株式会社詐害行為取消請求事件)」(金融法務事情)
2014/02/21論文 「新規ビジネス立上げ時の法令等調査入門 インターネット上の医療広告事業を例に」(BUSINESS LAW JOURNAL)
2013/11/15論文 「クラウドサービスの利用における法的論点の考察―クラウドセキュリティガイドライン活用ガイドブックのリリースに際して」
2013/11/10論文 「嫡出でない子の相続分に関する最大決平25.9.4の生命保険実務に与える影響」
2013/09/26著書 『専門訴訟講座⑦ 会社訴訟 -訴訟・非訟・仮処分-』
2013/06著書 『民法改正でかわる金融取引』
2013/05/29論文 「実務に効くM&A・組織再編判例精選(債務引受広告、株主の情報取得権、公開買付規制の適用)」(ジュリスト 増刊号)
2013/04/05著書 『M&Aを成功に導く知的財産デューデリジェンスの実務〈第2版〉』(TMI総合法律事務所/デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社編)
2013/04/03論文 「シンジケート・ローンのアレンジャーにおける情報提供義務(最三小判平24.11.27)」(季刊事業再生と債権管理2013年4月5日号)
2013年5月21日論文 「キャンペーンの制作・告知・実施で注意すべき知的財産権の実務ポイント」(BUSINESS LAW JOURNAL 2013年5月21日号)
2013/01/31論文 「債権法改正と倒産事件処理への影響」(銀行実務 2013年 3月号)
2013/02著書 『ソフトウェア取引の法律相談』
2013/01/24論文 連載/著作権法のフロンティア第2回 「翻案権」(ジュリスト 2013年2月号)
2013/01著書 『事業再生と金融実務からの債権法改正』
2012/12/06著書 『実務必携 預金の差押え』
論文 「コンテンツ展開の契約に関する報告書」(経済産業省ホームページ)
2012年8月論文 【知的財産】「ライフログビジネスの法的リスク ~プライバシー権侵害が問題となる場合~」(ビジネス法務 2012年8月号)
論文 「安曇野市三郷ベジタブル事件最高裁判決による金融実務への影響」(週刊金融財政事情 2012年2月13日号)
2012年論文 【知的財産】「New Trends of Copyright Issues in Digital Information Age」(Japan BUSINESS LAW REVIEW 2012)
論文 【ファイナンス】「債権法改正議論と金融界」(金融法務事情 10月25日号)
著書 【倒産・紛争処理】『最新 実務解説一問一答 民事再生法』(才口千晴、高山崇彦共著)
2010/12/06著書 『回収 新訂貸出管理回収手続双書』
論文 【企業法務】「債権譲渡禁止特約」(季刊 事業再生と債権管理 7月5日号)
著書 【企業法務】『民事再生の実務と理論』(高山崇彦共著)
著書 【企業法務】『保険法の論点と展望』(高山崇彦共著)
2009/10/07著書 『銀行・事業会社のための債権法改正入門 「債権法改正の基本方針」の描く新時代のビジネスルール』
2009/05/25著書 『ビジネス法務プロフェッショナル用語辞典』
論文 【企業法務】「解雇/近時判例から学ぶ 【第10回 経歴詐欺による解雇】(ビジネス法務7月号)
論文 【企業法務】「『公正な価格』におけるシナジーの算定について」(MARR 4月1日号)
著書 【企業法務】『速報Q&A新保険法の要点解説』弁護士 高山崇彦、中西健太郎、茂木信太郎、波多江崇、金子剛(編著)
2008/09論文 「最終チェック!株券電子化への移行準備」(ビジネス法務 2008年9月号)
論文 【企業法務】「レックス・ホールディングス事件東京地裁決定の検討」(旬刊商事法務)
2008/06/13著書 債権・動産・知財担保利用の実務
著書 【企業法務】 『会社法大系4』(共著)弁護士 高山崇彦(5/25発行)
著書 【倒産・紛争処理】 『新破産法の理論と実務』(共著)弁護士 高山崇彦(5/20発行)
論文 【企業法務】「保険契約の包括移転制度に関する提言」(BUSINESS LAW JOURNAL 5月号 )
論文 【企業法務】「M&A戦略と法務 モリテックス判決が実務に与える影響」(MARR 2月号)
著書 【企業法務】『大コンメンタール 破産法』弁護士 高山崇彦(10/20発行)
閉じる

この業務に関連する論文・著書

2017/01/09論文 「Key sports law cases and developments to watch in 2017 – Europe, Middle East, Africa, Asia, and Australia」(LawInSport)
2017/01/05論文 「Key sports law cases of 2016 – Europe, Middle East, Africa, Asia and Australia」(LawInSport)
2016/10/25論文 「『ラグビーマン弁護士』オジオの視点 TRY TO BE GOOD ④社員選手orプロ選手どっちにする?!そのメリット、デメリットを考える。」(ラグビーマガジン)
2016/09/25論文 「『ラグビーマン弁護士』オジオの視点 TRY TO BE GOOD ③普及等が目的だから選手会は『一般社団法人』に。選手自らが主体となって活動していく。」(ラグビーマガジン)
2016/08/25論文 「『ラグビーマン弁護士』オジオの視点 TRY TO BE GOOD ②不祥事は連帯責任?!『one for all, all for one』は不祥事にも?」(ラグビーマガジン)
2016/07/25論文 「『ラグビーマン弁護士』オジオの視点 TRY TO BE GOOD ①炎天下。倒れるのは誰の責任?指導者の義務、リーダーの義務を順守して。」(ラグビーマガジン)
2016/04/30論文 「Sports Law(後編)五輪で話題の“便乗商法”。アンブッシュマーケティングとは」(NewsPicks)
2016/04/29論文 「Sports Law(前編)欧州を渡り歩いた日本人弁護士が見た本場のサッカー界」(NewsPicks)
2014/04/10論文 「スポーツと知的財産~オリンピック・マーケティングを中心に~」(Patent)