弁護士・弁理士等

髙山崇彦 Takahiko Takayama


経歴

1966年 生
1985年 3月 長野県松本深志高等学校卒業
1989年 3月 中央大学法学部法律学科卒業
1993年 4月 最高裁判所司法研修所入所
1995年 4月 大阪地方裁判所判事補
1997年 4月 東京地方裁判所判事補
キヤノン株式会社出向
1998年 4月 東京地方裁判所判事補
1999年 7月 法務省民事局付検事
2006年 4月 東京地方裁判所判事
2007年 4月 第一東京弁護士会登録
TMI総合法律事務所にパートナーとして参画

取扱分野

専門分野・その他の取扱分野

株主総会対応 / 支配権争い

登録・所属

第一東京弁護士会(2007) / 金融法委員会 委員 / 信託協会 あっせん委員会 委員 / 東京三会金融ADR仲裁人候補者 / 全日本スキー連盟 理事 / 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟 正会員 / 日本サッカー協会 仲裁委員会 委員(2016~2018) / 日本サッカー協会 規律委員会 委員 / 参議院事務局 情報公開苦情審査会 委員 / 太平洋協会 理事

使用言語

日本語 / 英語
t_takayama

論文・著書

2017/11/01論文 「債権法改正後の金融実務」(金融・商事判例)
2017/09/13著書 『100問100答 改正債権法でかわる金融実務』
2016/10/15著書 『日本法の舞台裏』
2015/12/15著書 『注釈破産法[上]』
2015/03/10論文 「実務解説 最新M&A判例 第15回 新株発行の無効の訴えの確定判決に対する再審の訴えに係る原告適格・再審事由」(金融法務事情)

その他の論文・著書

  • 「民事再生法判例の分析と展開」 金融・商事判例 No.1361(2011年3月15日発行)(共著)
  • 「第三セクター向け融資に係る地公体との損失補償契約をめぐる銀行実務上の法的問題―東京高裁平成22年8月30日判決の分析とその影響―」 金融(日本銀行協会月間機関誌) 2011年3月号(第768号)(講演記録)
  • 「特集 現代取引社会における債権譲渡の法務と課題 債権譲渡の対抗要件と抗弁の切断」 季刊事業再生と債権管理 2010年7月5日号(No. 129)
  • 「〈座談会〉法務セクションの果たす役割の変化と今後求められる人材」 金融法務事情 2010年4月10日号(1895号)
  • 「民法(債権法)改正に伴う金融取引への影響」 金融法務事情1866号 (座談会)
  • 『信託と倒産』 商事法務(共著)
  • 「ブルドックソース事件判例評釈」 法律のひろば
  • 「ABLにおける公示制度の概要」 事業再生と債権管理118号
  • 「進展する民事立法と民事法務行政」 テイハン(共著)
  • 「詳解 民事再生法」 民事法研究会(共著)
  • 「一問一答 [改訂版]動産・債権譲渡特例法」 商事法務(共著)
  • 「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」の施行に伴う関係政省令の改正の概要(上・下) NBL 817・818号
  • 「一問一答 新しい破産法」 商事法務(共著)
  • 「概説 新破産法」 金融財政事情研究会(共著)
  • 「民事執行法施行令の改正の概要 差押禁止金銭・債権の額の変更」 金融法務事情1702号
  • 「一問一答 新会社更生法」 商事法務(共著)
  • 「新しい会社更生法」 金融財政事情研究会(共著)
  • 「一問一答 個人再生手続」 商事法務(共著)
  • 「民事再生法第二百四十一条第三項の額を定める政令の概要」 NBL 710号
  • 「民事訴訟法辞典」 信山社(共著)
  • 「倒産手続と担保権・否認権・相殺権の諸問題」 経済法令研究会(共著)
ページの先頭へ
閉じる

論文・著書

2017/11/01 論文 「債権法改正後の金融実務」(金融・商事判例)
2017/09/13 著書 『100問100答 改正債権法でかわる金融実務』
2016/10/15 著書 『日本法の舞台裏』
2015/12/15 著書 『注釈破産法[上]』
2015/03/10 論文 「実務解説 最新M&A判例 第15回 新株発行の無効の訴えの確定判決に対する再審の訴えに係る原告適格・再審事由」(金融法務事情)
2015/01/10 著書 『民事訴訟法判例インデックス』(商事法務)
2014/11/30 著書 『破産法大系 第1巻 -破産手続法-』
2014/11/05 著書 『倒産法改正150の検討課題』
2014/09/25 論文 「改正会社法と実務対応Q&A Ⅰ企業統治(ガバナンス)に関連する改正項目」(金融法務事情)
2014/05/30 著書 『会社裁判にかかる理論の到達点』(商事法務)
2014/05/06 著書 『倒産と担保・保証』
2014/04/25 論文 「新設分割の残存債権者による詐害行為取消権行使の可否(エーアールエー債権回収株式会社詐害行為取消請求事件)」(金融法務事情)
2013/09/26 著書 『専門訴訟講座⑦ 会社訴訟 -訴訟・非訟・仮処分-』
2012/12/06 著書 『実務必携 預金の差押え』
論文 「安曇野市三郷ベジタブル事件最高裁判決による金融実務への影響」(週刊金融財政事情 2012年2月13日号)
論文 【ファイナンス】「債権法改正議論と金融界」(金融法務事情 10月25日号)
著書 【倒産・紛争処理】『最新 実務解説一問一答 民事再生法』(才口千晴、高山崇彦共著)
2010/12/06 著書 『回収 新訂貸出管理回収手続双書』
論文 【企業法務】「債権譲渡禁止特約」(季刊 事業再生と債権管理 7月5日号)
著書 【企業法務】『民事再生の実務と理論』(高山崇彦共著)
著書 【企業法務】『保険法の論点と展望』(高山崇彦共著)
2009/10/07 著書 『銀行・事業会社のための債権法改正入門 「債権法改正の基本方針」の描く新時代のビジネスルール』
論文 【企業法務】「『公正な価格』におけるシナジーの算定について」(MARR 4月1日号)
著書 【企業法務】『速報Q&A新保険法の要点解説』弁護士 高山崇彦、中西健太郎、茂木信太郎、波多江崇、金子剛(編著)
2008/09 論文 「最終チェック!株券電子化への移行準備」(ビジネス法務 2008年9月号)
論文 【企業法務】「レックス・ホールディングス事件東京地裁決定の検討」(旬刊商事法務)
2008/06/13 著書 債権・動産・知財担保利用の実務
著書 【企業法務】 『会社法大系4』(共著)弁護士 高山崇彦(5/25発行)
著書 【倒産・紛争処理】 『新破産法の理論と実務』(共著)弁護士 高山崇彦(5/20発行)
論文 【企業法務】「保険契約の包括移転制度に関する提言」(BUSINESS LAW JOURNAL 5月号 )
論文 【企業法務】「M&A戦略と法務 モリテックス判決が実務に与える影響」(MARR 2月号)
著書 【企業法務】『大コンメンタール 破産法』弁護士 高山崇彦(10/20発行)

その他の論文・著書

  • 「民事再生法判例の分析と展開」 金融・商事判例 No.1361(2011年3月15日発行)(共著)
  • 「第三セクター向け融資に係る地公体との損失補償契約をめぐる銀行実務上の法的問題―東京高裁平成22年8月30日判決の分析とその影響―」 金融(日本銀行協会月間機関誌) 2011年3月号(第768号)(講演記録)
  • 「特集 現代取引社会における債権譲渡の法務と課題 債権譲渡の対抗要件と抗弁の切断」 季刊事業再生と債権管理 2010年7月5日号(No. 129)
  • 「〈座談会〉法務セクションの果たす役割の変化と今後求められる人材」 金融法務事情 2010年4月10日号(1895号)
  • 「民法(債権法)改正に伴う金融取引への影響」 金融法務事情1866号 (座談会)
  • 『信託と倒産』 商事法務(共著)
  • 「ブルドックソース事件判例評釈」 法律のひろば
  • 「ABLにおける公示制度の概要」 事業再生と債権管理118号
  • 「進展する民事立法と民事法務行政」 テイハン(共著)
  • 「詳解 民事再生法」 民事法研究会(共著)
  • 「一問一答 [改訂版]動産・債権譲渡特例法」 商事法務(共著)
  • 「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」の施行に伴う関係政省令の改正の概要(上・下) NBL 817・818号
  • 「一問一答 新しい破産法」 商事法務(共著)
  • 「概説 新破産法」 金融財政事情研究会(共著)
  • 「民事執行法施行令の改正の概要 差押禁止金銭・債権の額の変更」 金融法務事情1702号
  • 「一問一答 新会社更生法」 商事法務(共著)
  • 「新しい会社更生法」 金融財政事情研究会(共著)
  • 「一問一答 個人再生手続」 商事法務(共著)
  • 「民事再生法第二百四十一条第三項の額を定める政令の概要」 NBL 710号
  • 「民事訴訟法辞典」 信山社(共著)
  • 「倒産手続と担保権・否認権・相殺権の諸問題」 経済法令研究会(共著)
閉じる

セミナー・講演