トピックス

2005年

  • ビジネス法務 2006年2月号に鈴木真紀弁護士による「部門廃止に伴い人員整理を行いたい」という記事が掲載されました。

  • 12月19日 日本経済新聞 朝刊 第16面 「リーガル3分間ゼミ-中途社員の能力不足、解雇は有効か-」に下野健弁護士のコメントが掲載されました。

  • MARR 2006年1月号に淵邊善彦・鈴木貴之弁護士による「M&A戦略と法務 ポストマージャー(上)~M&A後の統合プロセスについて~」という記事が掲載されました。

  • 12月14日 東京読売新聞 朝刊 第9面 「株誤発注で損失400億円 みずほと東証、負担巡り応酬必至 財務基盤に影響も」と題する記事に中川秀宣弁護士のコメントが掲載されました。

  • 12月1日に中村勝彦弁護士が社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会主催のセミナー「キャラクタービジネスの法務と実務 実践講座」を担当致しました。

  • 小泉直樹弁護士の講演録「大学における著作権ル-ル」が、コピライト12月号に掲載されました。

  • 11月29日に行われた日本経済新聞社主催の知的財産フォーラム2005において、遠山友寛弁護士が「M&A、事業再編と知財評価」、淵邊善彦弁護士が「投資判断における知財の位置付け」のコメンテーターをそれぞれ担当しました。

  • 小泉直樹弁護士による論文「特許法35条の解釈に関する周縁的論点」が、中山信弘先生還暦記念論文集「知的財産法の理論と現代的課題」(弘文堂)に収録されました。

  • 小野昌延編「注解商標法(上)(下)」(青林書院、2005)に小泉直樹弁護士が分担執筆しました。

  • 「第3回事務所説明会追加募集のお知らせ(弁理士・特許技術者)」をHPに掲載しました。

ページの先頭へ