成本治男弁護士のコメントが「テイクオーバーホールディングスの一件から浮かび上がるソーシャルレンディングの課題」と題する記事に掲載されました

掲載年月日:2018年03月29日(木)

Webサイト名:CROWDPORT NEWS

タイトル:テイクオーバーホールディングスの一件から浮かび上がるソーシャルレンディングの課題

詳細URL:https://www.crowdport.jp/news/7806/

ページの先頭へ