【入所】 内田晴康弁護士を迎え、国際仲裁・独占禁止法分野を一層強化いたします

当事務所では2018年4月1日付で、内田晴康弁護士をパートナーとして迎えました。

内田弁護士は、主に国際争訟・紛争解決(仲裁・調停 等)、競争法・独占禁止法、及び M&A・企業再編の案件において多数の実績を有しています。

特に、競争法・独占禁止法の分野では、多数の権威ある弁護士ランキングでトップティアにランクインしております。直近のチェンバース&パートナーズランキングにおいても日本を代表する弁護士として同部門において長年高く評価されています。また、2014年から2016年までは世界160カ国以上の弁護士会から構成される世界最大の法律家団体IBA(国際法曹協会:International Bar Association)のアジア太平洋地域協議会の議長を務め、国際法曹界において強力なネットワークを有しています。そのネットワークを存分に生かし、クロスボーダーでの国際仲裁、独占禁止法、及びM&A案件の実績を豊富に有しています。

法律事務所のグローバルでの競争が激化する中、内田弁護士を迎えることにより、当事務所は、国際仲裁及び独占禁止法分野においても、さらに充実したリーガルサービスをご提供できるよう努めていく所存です。

ページの先頭へ