アーキス外国法共同事業法律事務所

アーキス外国法共同事業法律事務所は、ドイツ語圏の諸国と日本との間のクロスボーダー案件に関する法律業務において、日本では長年にわたる実績を有しているドイツ系の法律事務所です。TMI 総合法律事務所とアーキスは、日本へ投資される外国の投資家の皆さまに、また、ドイツへ投資される日本の投資家の皆さまに、関連分野における総合的なリーガルサービスを提供すべく、数年にわたる協力関係を経て、2009年1月に外国法共同事業を開始いたしました。商法、会社法、M&A、独占禁止法、不正競争防止法、労働法、知的財産法、銀行・金融関連法、保険法、不動産法、環境法、訴訟活動など、広範囲にわたり、リーガルサービスを提供いたします。

TMIとアーキスの外国法共同事業では、自動車、建設、薬事、化学産業、機械・エンジニアリング、ソフトウェア、バイオテクノロジー、再生可能エネルギー、国際取引、不動産、銀行、保険など幅広い業種のクライアントの皆さまに、比類なきリーガルソリューションとビジネス的観点からのアドバイスをご提供いたします。特にドイツ語圏の諸国と日本との間のクロスボーダー取引に重点を置き、再生可能エネルギー促進プロジェクト、大規模なデューディリジェンス・プロジェクトや証券取引規制を含め、当該クロスボーダー取引にかかわる法律業務全般に対応いたします。

日本とドイツの法律事務所の組み合わせというユニークな外国法共同事業により、クライアントのニーズに的確に応えられる、専門的かつ質の高いアドバイスを提供できるものと考えております。日独それぞれの法律実務を熟知した専門家がチームを組み、個々のクライアントの置かれた状況や各業界の特殊性を考慮し、最高水準のビジネス的観点を踏まえたソリューションをご提案いたします。TMIとアーキスの弁護士、それぞれの専門的知識経験に基づいた先見的なリーガルサービスを通じて、個々のクライアントに最善のソリューションを提供するよう努めてまいります。

アーキス外国法共同事業法律事務所は、デュッセルドルフおよびミュンヘンに事務所を有するARQIS Rechtsanwälteと連携して業務を行っております。日本でのアーキスの活動はデュッセルドルフ事務所の日本デスクがサポートいたします。日本デスクでは、ドイツ法資格を持つ日本弁護士や、日本における勤務経験を持つ、日本語の堪能なドイツ人弁護士が対応しております。アーキスに関する詳細な情報は、下記URLをご参照ください。
http://www.arqis.com

ページの先頭へ