ウェイクリー

ウェイクリー外国法事務弁護士事務所は、国内外の官公庁および多岐にわたる産業・業種の私企業のクライアントを代理しています。2006年12月にTMIと提携を開始し、TMIを通じて日本法に関するさまざまなリーガルサービスを提供できるようになりました。
ウェイクリー外国法事務弁護士事務所は、大使館その他の在外公館をはじめとする公的機関に対して、一般法務および不動産開発に関するアドバイスを提供しています。また、日本およびアジア太平洋地域で新規事業に進出する企業や事業活動を行う企業に対してもアドバイスを提供しています。ウェイクリー氏は法律、政府関係、実務の各分野において25年以上の豊富な経験があります。

法律

外国および日本の法律事務所との協力のもと、以下の各分野を含む多岐にわたる法的アドバイスを提供してきました。

  • 国際企業取引
  • 政府関係、行政、規制
  • M&A、ジョイント・ベンチャー、新規事業進出
  • 官公庁および私企業による不動産開発
  • 知的財産、広告、エンタテインメント
  • 国際訴訟および仲裁

政府・行政関係

日本政府のさまざまなレベルの、多種多様な官公庁の規制、政策問題に関連して、外国のクライアントを支援または代理してきました。

実務全般

多種多様な業界において、日本およびアジア太平洋地域での新規事業進出、事業活動、再編に関するさまざまなコンサルティングサービスを提供してきました。

ページの先頭へ