東京オフィス
南米プラクティスグループ

  • ブラジル

ブラジルは、豊富な天然資源と人口増により、今後の更なる成長が期待される国ですが、ブラジルの法律情報や法律実務を日本企業が把握することは、地理的な距離、言語の違い、商慣習の違い等から非常に難しいのが現状です。
しかし、南米プラクティスグループは、ブラジルの将来性に着目し、日本の法律事務所では唯一、2012年以来という長期間にわたり現地に弁護士を駐在させて、ブラジル法の法務に迅速かつ的確に対応してきました。
また、ブラジル以外の南米各国の法務についても、対応可能です。

お問い合わせ先

連絡先 メールアドレス
south-americalaw

在籍弁護士

山口芳泰
弁護士
山口芳泰 Yoshiyasu Yamaguchi
在日ブラジル企業のサポートを20年以上継続するとともに、最近では現地の柏弁護士と連携しながら在ブラジルの日系企業のサポートを充実させています。日本とブラジル両方に絡む法務問題にも積極的に助言しております。また、ブラジルを起点に中南米各国の法務ネットワークも構築してまいります。
戸田謙太郎
弁護士
戸田謙太郎 Kentaro Toda
南米諸国における現地法律事務所とのネットワークを活用し、現地法律事務所と連携しながら、ブラジル、メキシコをはじめとする南米各国における日本企業のビジネスを幅広くサポートする案件に精通しております。特に、独占禁止法・競争法や国際通商の分野では、南米の現地法律事務所との連携につき豊富な経験を有しております。

南米プラクティスグループの強みは、長年にわたりブラジルに滞在している弁護士がブラジル現地デスクを務めており、ブラジルに居住しているからこそ築くことができるブラジル及び周辺国の法律事務所とのネットワークを活用することができることです。東京にいながらにして、ブラジル法に関する最新の情報を提供することができ、また、ブラジル法に関連する問題を現地デスクとの緊密な連携のもとでハイクオリティに解決することができるのは、TMIだけであると自負しております。

ページの先頭へ