中国サービス

サービス概要

TMI総合法律事務所では、「国際化そしてさらにボーダーレスな世界に進もうとしている新しい時代への対応」というコンセプトを実現すべく、1990年の設立当初より中国法リーガルサービスを提供してまいりました。その後20年以上に渡り蓄積してきたノウハウを用い、日本のクライアントの皆さまの対中投資のニーズに応えるため、今日では中国市場への新規参入、現地企業のコンプライアンス体制構築、事業再編、現地関連会社・取引先・官公庁と間の折衝や法的問題解決など、中国ビジネスに関して、総合的なサポートを行っております。これまでの取扱業務は、直接投資、国際貿易、M&A、事業再編、知的財産権、独占禁止審査、労務紛争とこれらに関連する仲裁および訴訟等、企業法務のあらゆる分野に及びます。
また、TMIでは、近年増加しつつある中国企業による日本国内への投資、中国系日本企業および中国政府の駐日機関に対するリーガルサービスの提供にも積極的に取り組んでおります。

専門家チーム

TMIの中国サービスグループは、日本語・中国語・英語に堪能かつ、日中両国の法律実務に長年携わり、日本法・中国法に精通した日本国弁護士、中国弁護士10数名と専門スタッフ約10名により構成されています。
日本法、中国法両方の観点からクライアントのニーズに対応し、包括的なリーガルサービスの提供が可能な体制を整えております。

海外拠点・ネットワーク

TMIは、東京オフィスの中国サービスグループ上海オフィス(1998年開設)、北京オフィス(2012年開設)、そして香港、台湾を含むグレーター・チャイナ域内のトップレベルの現地法律事務所との緊密な連携および各地の行政機関や会計士等との幅広いネットワークを通じて、クライアントのあらゆるニーズに迅速に応え、日中間のクロスボーダー案件にシームレスに対応できる体制を整えています。

拠点のご案内

ページの先頭へ