東京オフィス
フランス・プラクティスグループ

  • フランス

フランス・プラクティスグループは、日本とフランスの間におけるビジネス関係をより活発で円滑なものとすべく、法的側面から貢献することを目指しています。フランス・プラクティスグループは、主に日本企業およびフランス企業の皆さまが、お互いの国に進出・投資される際、また日仏企業間の取引にあたり、必要とされる正確で適切な法的アドバイスの提供を主たる使命として掲げています。
また、フランス大使館経済部、在日フランス商工会議所、在仏日本商工会議所、JETROおよび対仏投資庁をはじめとする日仏の諸機関と密なコンタクトを取っています。さらに、フランスにある複数の渉外法律事務所や会計事務所と密接な協力関係を築くことにより、フランス現地での法的手続きが必要な案件にも対応しています。

フランス・プラクティスグループでは、フランス法、EU法および日本法に関する総合的なリーガルサービスを、日・仏・英の3ヶ国語でご提供しており、フランス又は日本で活動する日本企業、フランス企業、そのほかヨーロッパ企業の皆さまのニーズに柔軟にお応えすることができます。

お問い合わせ先

連絡先 メールアドレス
francelaw@tmi.gr.jp

在籍弁護士

Laurent Dubois
外国法事務弁護士
Laurent Dubois
東京オフィス常駐。フランスに進出している日本企業をはじめ、弁護士と協力し、在日フランス企業に対してビジネス法全般、契約法(販売、ライセンス、ジョイントベンチャー)、会社法(設立、合併、買収)、商業紛争(訴訟及び仲裁)、知的財産法及びニューテクノロジー法を中心に、日・仏・英語で法的アドバイスを行っています。
桝田慎介
弁護士
桝田慎介 Shinsuke Masuda
東京オフィス勤務。日本においてビジネスを行うフランス企業のために、進出の際の手続、並びに日本国内でのコーポレート、労働、消費者、知的財産、各種取引、訴訟その他の広い分野にわたるリーガルサービスをご提供しています。

フランス・プラクティスグループは、日本語に堪能なフランス法弁護士がフランスと日本の間のクロスボーダー案件に精通した日本国弁護士と協力して運営する日本最大のフランス法務チームです。フランス法及び日本法に関連するあらゆる業務について東京オフィスで完結できる体制を整えており、クライアントのニーズに即応することができます。

ページの先頭へ