• フィリピン

フィリピンは、スペイン王国、アメリカ合衆国等による統治を経て1946年に独立した共和制国家です。人口1億人を超え、平均年齢が約24歳と若いフィリピンは、近年安定して約6%から7%のGDP成長率を記録するなど、順調に経済発展を続けています。

我が国とフィリピンとの人的・経済的な交流の歴史は長く、現在でもフィリピンにとって日本は1,2を争う貿易相手国であり、約1500社の日本企業が進出しています。また、近時は所得の増大による中間層の拡大の結果、消費市場としての注目も集めています。

TMI総合法律事務所では、存在感を増すフィリピン経済の状況を受け、2016年10月から日本人弁護士が現地に常駐するフィリピン現地デスクを設置しています。フィリピン現地デスク及び東京オフィスのフィリピン・プラクティスグループは、現地の最新情勢を踏まえて、現地有力法律事務所とのネットワークとTMI総合法律事務所がこれまで蓄積してきたフィリピン関連業務の知見とを活用し、フィリピンへの進出・投資、現地法人に関連する法務需要全般について、迅速かつ的確なサポートをご提供しております。
(※データは2018年現在)

フィリピン現地デスク

在籍弁護士

團 雅生
日本国弁護士
團 雅生 Masao Dan

弁護士登録以来フィリピン関連案件を継続して手がけた後、2015年からフィリピンに拠点を移し、2016年7月に日本人として初めて現地のロースクールを卒業しました。フィリピン現地デスク駐在弁護士として、日本企業のフィリピン進出・投資、現地法人の運営にかかわる問題全般を現地有力法律事務所と共同して担当しています。

業務内容

■M&A関係
日本企業によるフィリピン法人を対象に含む買収案件における法務デュー・ ディリジェンス支援
日本企業によるフィリピン法人の買収・出資案件における法務デュー・ディリジェンス及びフィリピン競争法当局への企業結合届出支援

■進出支援関係
フィリピン進出に際しての事業スキーム検討及びこれに関連する法令調査等
現地法人の設立、許認可取得等に関するコーディネート
現地パートナー候補者との交渉支援
現地進出に際してのフランチャイズ契約・雇用契約その他の契約内容の検討
進出に当たっての物件選定、従業員採用等に関するコンサルティング

■進出済み企業への支援
追徴課税に対する不服申立手続支援
内部不正事案における対応に関するアドバイスの提供
現地法人における不正防止策構築に関するアドバイスの提供・社内教育プログラムの作成及び実施の支援
政府機関との取引に関する交渉についてのアドバイスの提供
現地法人の清算に関するスキーム策定・実施に関する支援
現地企業を債務者とする債権回収手段の検討支援
現地法人従業員の採用対応・退職時の対応支援

■調査研究等
汚職防止法制、知的財産制度、税制、労働法制その他の現地法制及びその運用に関する調査・報告

所在地・連絡先

名称 Puyat Jacinto & Santos
住所 10F 8 Rockwell Hidalgo corner Plaza Drive Rockwell Center Makati City 1200, Philippines
電話番号 +63(0)2 840 5025
メールアドレス philippineslaw@tmi.gr.jp
ページの先頭へ