取扱分野

不動産 建築・建設訴訟

建築に係る紛争には、建築工事の発注者・施工者・設計者間の工事の瑕疵(かし)をめぐる紛争、近隣との関係での環境紛争、建築確認取消その他に伴う損害賠償紛争、建物の維持管理・賃貸借に関する紛争、建築物の事故から派生する紛争その他様々な紛争がありますが、その処理に当たり建築基準関係規定、地方自治体の条例等の錯綜する法規制、行政手続への理解、実際の建築工事過程やこれによる環境影響への理解が不可欠な点が特徴的です。

TMIは、建築士として建築設計・監理の実務経験豊を有する弁護士、建築紛争の経験豊富な弁護士を備えるとともに、構造設計業務の専門家、建築瑕疵鑑定の専門家、建築行政法規適用実務の専門家などの多様な専門家との協働を通じ、これら建築に係る多様かつ複雑な紛争に対応しております。

特に近年の建築を巡る特徴的な紛争として、審査機関の建築確認審査ミスにより発注者に莫大な損害が生じている事例ありますが、TMIはこの分野においてめざましい成果をあげています。また、建築に係る事故に伴う損害賠償請求では、事故のメカニズム、建築施工業務への理解が不可欠となりますが、当事務所は設計施工実務を踏まえた主張立証の構築により成果をあげております。

建築に係る紛争のうち、建築工事の当事者間の紛争は、設計内容と工事費、瑕疵の内容、追加変更工事の有無等が問題となり、設計図書、建築メカニズムや業務内容に対する理解、膨大な情報の整理を要しますが、当事務所は、あらゆる規模の建築土木工事に係る紛争に適切に対応できる体制を整えております。

建築に係る環境紛争としては、日照阻害や騒音・悪臭を理由とする建築工事禁止の紛争、地盤沈下等の環境阻害に係る損害賠償請求のほか、建築確認や総合設計許可、地区計画等を巡る紛争がありますが、これらの紛争は各種都市法や自治体の条例など行政法規への理解、行政訴訟、過去の判例への理解が不可欠な分野であり、当事務所では、行政訴訟の経験豊富な弁護士が判例の分析を踏まえ、クライアントに対して適切なアドバイスを提供しております。

この業務を取り扱う弁護士

関連する論文・著書

2018/10/11論文 「マンション管理会社の変更でトラブル 管理組合の理事会は理事長を解任できる、最高裁初判断」(日経アーキテクチュア)
2018/09/13論文 「完成直前の確認取り消しは覆らず 申請時に重視すべき解釈ミスのリスク」(日経アーキテクチュア)
2018/07/12論文 「特集【震災裁判】相次ぐ地震で問われるプロの責任」(日経アーキテクチュア)
2018/07/12論文 「特集【震災裁判】相次ぐ地震で問われるプロの責任」(日経アーキテクチュア)
2018/05/28論文 「耐震性不足の原始的瑕疵のあるマンションにおける瑕疵担保責任に基づく請求権の行使主体及び区分」(都市住宅学)

関連するセミナー・講演

2018/11/02外部 「民法改正と施工者、売主の責任 ~責任の要件、当事者の主張、契約書への影響などを分かり易く解説~」
2018/10/16外部 「地震による事故と所有者、施工者、売主の責任」
2018/04/30外部 「監督処分・裁判事例から学ぶ建設業法 近時の判例から学ぶ施工会社の瑕疵担保責任と不法行為責任」
2018/04/10外部 「近時の判例から学ぶ施工会社の瑕疵担保責任と不法行為責任 ~2020年4月施行、建築分野における民法改正の影響も解説~」
2018/01/25外部 「近時の判例から学ぶ施工会社の瑕疵担保責任と不法行為責任 ~2020年4月施行、建築分野における民法改正の影響も解説~」
ページの先頭へ