取扱分野

コーポレート

コーポレート分野は、最新の法改正や実務に精通した弁護士がチームを組んで取り組む必要が大きい分野です。TMIは、日常的な企業法務に関するご相談から、M&A、アライアンス、株式公開のような企業の戦略的な意思決定に至るまで、適切かつスピーディに対応できる態勢を整えております。この分野には、会社法、金融商品取引法等の改正に関与した弁護士や、M&A・アライアンス、株式公開について豊富な知識と経験を有する弁護士が多数所属しています。

コーポレート分野においては、企業の規模、業種、上場・非上場、従業員数などにおいてさまざまなクライアントからご依頼を受けており、企業のニーズに応じて適切なアドバイスを提供しています。起業時のサポートから、成長期、事業承継期に至るまでフルサポートできる態勢を整えております。また、海外企業の日本進出や、日本企業の海外進出についても総合的なアドバイスを行っています。日本企業の海外子会社に対しては、当事務所の現地オフィスや海外事務所とのネットワークを使って、子会社管理体制の構築をはじめとして日常的な法律相談から紛争処理まで幅広いサービスを提供しています。

コーポレート分野におけるリーガルアドバイスを、「攻め」と「守り」の両面で活用することは、企業価値を高める上でも、不祥事を防ぐためにも大変重要であると考えます。業務内容としては、高度な専門分野についてのアドバイスや意見書の作成、M&A、アライアンス、株式公開等に関連したデューディリジェンスや契約交渉などスポットな案件だけでなく、継続的に契約書の作成、レビュー、管理を行うほか日常的な法律相談に応じる法務部機能のアウトソーシング的な役割も果たしております。近年は出向や駐在という形で、弁護士が企業の現場に常駐して、リーガルサービスを提供する機会も増えてきています。

一般企業法務 M&A アライアンス
コーポレートガバナンス 起業・株式公開支援 消費者関連法
フランチャイズ
ページの先頭へ