取扱分野

争訟 刑事訴訟

TMIでは、刑事弁護は、その対応を誤ると企業の存続にも影響しかねない、企業法務においても極めて重要な業務であるとの考えにより、事務所創設以来注力してきた分野の一つであり、企業犯罪、ホワイトカラー犯罪を中心に、贈収賄、特別背任、詐欺、業務上過失傷害、有価証券報告書虚偽記載、脱税等の租税関係、インサイダー取引等の金融商品取引関係、独占禁止法違反、公職選挙法違反、政治資金規正法違反、銀行法違反、公認会計士法違反、その他各種業法違反等、著名な大型事件も含めて、多種多様の事件の捜査弁護、公判弁護を行ってまいりました。また、元検事総長など、検察官経験者、元東京高裁長官代行ほか裁判官経験者、警察官経験者、元公正取引委員会担当官、元国税庁担当官、公認会計士、税理士など豊富な陣営を有しており、各事件の内容にあわせて適切なチームを編成し、対応に当たっております。

また、逆に、企業活動においては、不祥事は簡単にはなくなりません。そして時には企業が刑事事件の被害者となることがあります。このような場合には、不祥事であれば社内調査を行い、人事、広報関係など、さまざまな対応に迫られますが、その中の一つとして刑事告訴、告発が求められる場合が多くあります。当事務所では、事件ごとにどの捜査機関に告訴、告発を行うかなどを見極めて、刑法犯のほか、さまざまな特別法についても対応いたしております。

ページの先頭へ