取扱分野

倒産処理 / 企業再生 DES・DDS

経済的苦境に陥った企業の再生においては、バランスシートの健全化(実質債務超過状態の解消)が必要となり、そのために既存債権者から債権放棄を受けることも一つの方法となりますが、事案によっては債権放棄を求めることに困難を伴うこともあるため、事業再建計画においてDES(デット・エクイティ・スワップ)の手法を取り入れたうえで既存債権者と交渉を行うことは、実務上極めて重要な手法となります。TMIでは、企業再生案件の豊富な経験と実績を有する弁護士チームにより、事業再建計画の立案や既存債権者との交渉において、事案の性質に応じて適切なDESの手法を取り入れた上で、多数の利害関係人との交渉を行うというリーガルサービスの提供を行っております。

また、同様に、経済的苦境に陥った企業の再生においては、当該企業の信用状態を実質的に改善し、資金的な安定を確保する対応も重要になりますが、そのためには、事業再建計画に基づく既存債権者との交渉により、既存の債権(主に貸付金)を別の条件による債権(主に劣後ローンや劣後債等)に変更するDDS(デット・デット・スワップ)を実行することは、非常に有用な手法となります。当事務所では、企業再生案件の豊富な経験と実績を有する弁護士チームにより、事業再建計画の立案や既存債権者との交渉において、事案の性質に応じて適切なDDSの手法を取り入れたうえで、多数の利害関係人との交渉を行うというリーガルサービスの提供を行っております。

ページの先頭へ