取扱分野

知的財産 意匠

事業における意匠の重要性とTMIのスタンス

意匠は、物品の外観に関する創作であり、商品のイメージを決定付け、ユーザーの視覚を通して五感に直接働きかけるものです。意匠を適切に保護することは、商品のイメージを直接的に保護することにつながり、単にその商品そのものの保護のみならず、企業のイメージを保護することにもつながります。この観点から、TMIでは、意匠の持つ特質に合わせ、多彩な弁理士が実務担当者として関与し、包括的で漏れのない権利取得サービスと、権利内容に即した的確な権利行使サービスとを両立させています。

TMIにおける意匠チーム

当事務所では、商標も専門分野とする弁理士と、特許も専門分野とする弁理士とが協働し、商品イメージおよび企業イメージを保護する観点からの意匠把握と、商品形態を保護する観点からの意匠把握とを両立させています。また、これらの実務担当者は、国内の意匠実務のみならず、諸外国の意匠実務にも精通しており、国内のみの視点では欠落しがちな諸外国での適切な権利取得にも力を発揮しています。

国内外の意匠実務に即したグローバルな提案力

国内においては、全体意匠・部分意匠・関連意匠の特性を生かしながら、対象となる意匠の本質を見極め、最小の出願件数で漏れ無く適切な権利取得ができるように、丁寧にアドバイスさせていただきます。クライアントが海外での権利取得も望まれる場合には、国内での権利化の視点に加えて、権利取得を希望される国のプラクティスに合わせた視点も必要です。われわれは、豊富な海外出願の実務経験を生かして、海外においても漏れ無く適切な権利取得ができるように、アドバイスさせていただきます。

合言葉は「クライアント・ファースト」

権利取得においても、権利行使においても、「クライアント・ファースト」を合言葉に、クライアントの最終的な満足を目標として、さまざまな分野におけるクライアントの固有のニーズに合せたプラクティカルなソリューションの提案と、正確かつ迅速で、高品質なサービスの提供を理念として努力しています。

この業務を取り扱う弁護士

この業務を取り扱う弁理士

関連する論文・著書

2019/12/10論文 「Designs – A Global Guide 2020 -Recent design revisions in Japan-」(World Trademark Review)
2017/09/28著書 『ファッション・ロー』
2017/02/07著書 『インターネット新時代の法律実務Q&A(第3版)』
2014/01/20論文 「一般用医薬品におけるパッケージデザインの保護について」(知財管理)

関連するセミナー・講演

2020/01/30TMI主催・共催 【セミナー開催中止】TMI特別セミナー「改正意匠法の概要~改訂審査基準・実務に与える影響を踏まえて~」
2019/11/22外部 「-Avoiding Design Patent Procurement and Enforcement Challenges – US, EU, and JP Perspectives-」
2019/11/01TMI主催・共催 TMI総合法律事務所/Norton Rose Fulbright US LLP共催セミナー「意匠法改正の実務上のポイント~米国制度との比較を交えて~」
2019/02/06月例 第128回TMI月例セミナー「2018年の実務者が注目すべき商標、意匠、不正競争関係訴訟判決-元知財高裁裁判長・塩月弁護士による批評を交えて-」
2018/11/22外部 「商標・意匠をめぐる実務の最新動向」

関連するニューズレター・法令ニュース

ページの先頭へ