取扱分野

倒産処理 / 企業再生 DIPファイナンス

民事再生手続等の法的整理手続中の企業に対するファイナンスである、いわゆるDIP(Debtor in Possession)ファイナンスに関しては、裁判所という公的機関の監督下にあることや、ファイナンス後に破産的清算へ移行する可能性があること等の特殊性があります。TMIでは、企業再生案件の豊富な経験と実績を有する弁護士チームとファイナンスチームとの連携により、レンダーの立場としての契約内容や担保設定等に関するアドバイスなどのリーガルサービスを提供しております。

さらに、DIPファイナンスの債務者の立場として、レンダーとの間における条件等に関する交渉や、裁判所及び既存債権者への折衝などのサービス提供も行っております。民事再生手続等の法的整理手続中の企業においては、取引先との取引条件が現金払いに近い条件となる結果、一時的に資金繰りが非常に厳しい状況に陥ることが多いため、DIPファイナンスにより一時的に運転資金の融資を受けることは非常に有益な手法となりますが、当事務所においては、企業再生案件における豊富な経験と実績を有する弁護士により、多くの案件においてDIPファイナンスの交渉を取りまとめております。

ページの先頭へ