取扱分野

環境・エネルギー 電気事業

東日本大震災・原発事故による電力供給の逼迫(ひっぱく)を契機として、本格的な電力システム改革が動き出しました。従来から運転されていた自家発電設備やコジェネレーション設備のほか、固定価格買取制度により飛躍的に導入されている再生可能エネルギー発電設備を用いて、さまざまな形での電気事業への参入が進んでいくものと考えられます。電気事業法をはじめとするさまざまな規制に精通した弁護士が、契約のドキュメンテーションや的確なアドバイスを行うことにより、電気事業への参入に向けてサポートいたします。

ページの先頭へ