取扱分野

ファイナンス

TMIが手がける国内外のファイナンス分野の業務は多岐にわたります。特に、コーポレート向けの融資やシンジケート・ローン、金融市場における債券発行などの市場からの資金調達、船舶などを対象とするリース・ファイナンス等の伝統的な金融業務に必要な法律知識・経験値を備えています。これに加えて、近年の規制緩和や民間資金・ノウハウの活用という流れの中から、証券化・流動化、プライベート・ファイナンス・イニシアティブ(PFI)、デリバティブを使った仕組みファイナンスなどをはじめとする新たなファイナンス手法が生み出されていますが、当事務所では、これら先端金融分野における法制度や実務慣行を熟知した弁護士がストラクチャリングから契約書の作成まで行っています。また、医療福祉分野の案件においても、最近の制度変更や規制緩和の動向を踏まえて展開される新たなプロジェクトに組み込まれたファイナンス手法に積極的に関与しております。

また、担当弁護士が金融・資本市場に関する行政庁、業界団体における実務に直接参画することにより、ファイナンス・金融分野における当事務所の実務にも生かされております。これまで、金融庁、証券取引等監視委員会、証券取引所への出向の機会に恵まれています。

当事務所では、海外の最有力法律事務所との外国法共同事業を進めてまいりましたが、その取り組みを通じて、グローバルな最先端の金融分野・金融取引へのアクセスに恵まれています。その成果として、ヘッジファンドその他のファンドマネジャー向けグローバル・データベースへの寄与、プライベイト・エクイティ・ファンドの投資案件に対する助言、大使館建設・再開発プロジェクトへの助言、上場企業の継続開示に関する助言などの取り組みに生かされております。

コーポレート・ファイナンス ストラクチャード・ファイナンス プロジェクト・ファイナンス
証券化・流動化・REIT デリバティブ 銀行・証券・保険・信託
ページの先頭へ