取扱分野

危機管理 不正調査

社内で不祥事が発覚するなど有事の際に最初に行うべきことは、迅速、正確かつ公正な事実調査です。事実確認が遅れたり、事実を誤認したりすれば、不正確な公表や誤った当局対応によって、過熱報道、消費者による不信、当局による厳格な処分など、企業に深刻な二次的被害をもたらすことになります。

TMIは、専門性の高い弁護士と豊富なマンパワーを駆使して、あらゆる種類のコンプライアンス違反の調査をサポートしてまいりました。カルテル、インサイダー取引、不正会計、情報漏えいなど事件の性質や規模に応じて、元検事、元公正取引委員会担当官、公認会計士など適材適所の人材でチームを構成し、迅速・正確な調査を行います。

また、当事務所には、元最高裁判所判事、元検事総長など極めて社会的信頼の厚い弁護士が在籍しており、第三者委員会の委員として調査に参画し、調査の公正性の担保にも貢献しています。

この業務を取り扱う弁護士

関連するセミナー・講演

2016/07/26外部 「FRONTEOローンチ記念 – AI活用カンファレンス」
2014/11/10TMI主催・共催 TMI総合法律事務所 / 株式会社UBIC「海外事業展開時のコンプライアンス体制及び不正防止~近時のカルテル、贈収賄及び輸出管理のリスクを踏まえて~」
2014/11/04月例 【満席のため受付終了】第77回TMI月例セミナー「上場会社が押さえておくべき東証制度と実務」
2013/09/12TMI主催・共催 トーマツ / TMIジョイントセミナー 「不正調査のためのフォレンジック最新事例と法的論点 ~クラウドやSNSのリスクとその対処事例~」

関連するニューズレター・法令ニュース

ページの先頭へ