取扱分野

インダストリー関連 ファンド

TMIは、投資家から集めた資金を用いて投資を行うファンドに対して法的アドバイスを提供しておりますが、近年、ファンドによる資金調達・投資がさまざまな分野に浸透してきたこともあり、法的アドバイスを提供するファンドの種類も多様化しております。また、当事務所は、日本国内で組成されたファンドだけではなく、海外で組成されたファンドの運営者にも、日本国内での資金調達・投資に伴う法的アドバイスを提供しています。当事務所が、これまでに法的アドバイスを提供してきたファンドには、ベンチャー・キャピタル・ファンド、バイアウト・ファンド、不良債権ファンド、企業再生ファンド、不動産ファンド、コンテンツ・ファンドなどがありますが、近時の社会・経済環境の変化を踏まえ、その対象は、代替エネルギーへの投資向けのファンドやインフラへの投資向けのファンド等にも拡がっております。

ファンドの設立、運営及び存続には、民法、商法、投資事業有限責任組合法等の規制への配慮が必要となり、また、投資家の勧誘段階では金融商品取引法、金融商品販売法、出資法等の規制への配慮が必要となります。当事務所では、ファンドによる投資案件をアドバイスする弁護士と、金融庁で集団投資スキームに関する規制の立案に関与してきた弁護士とがチームを組み、実務で問題となる法的論点を踏まえ、ファンドの組成方法をアドバイスするとともに、最新の規制動向も踏まえ、ファンドの運営方法に関するアドバイスもいたします。そうしたアドバイスの過程では監督官庁との協議のサポートもさせていただいております。

また、ファンドの組成に伴って必要となる組合契約等の関連諸契約の作成や、ファンドの管理・運営やその終了に伴い留意すべき事項に関する法的アドバイスとともに、ファンドが実際に投資を行なう際の法務デュー・ディリジェンス、投資契約等の作成や契約交渉、そして、投資回収時の法的留意事項や契約書作成などのアドバイスまで、幅広く法的アドバイスを提供しています。

上述の通り、「ファンド」といっても、その種類は多様化しており、時代の流れに応じて、その運営のあり方も進化しているのが実際です。当事務所は、多様なファンドの方々に対して最善・最適なアドバイスを提供するためには、ファンド自体に関する法規制に関する理解だけではなく、ファンドが投資対象とする産業分野や技術分野を取り巻く環境・規制動向に関する理解と、その分野における実務経験の高さが必要であると考えています。これまでも、当事務所では、IT・バイオ関連分野への投資を行うベンチャー・キャピタル・ファンドの方々へのサポートに際しては、技術分野にも明るい弁理士と弁護士とがチームを組み、アドバイスを提供いたしました。また、映画やゲームなどへの投資を目的としたコンテンツ・ファンドの方々へのサポートに際しては、知的財産分野を専門とする弁護士と金融関連法を専門とする弁護士とがチームを組み、アドバイスを提供いたします。さらに、近時、増えてまいりました大手企業からの事業のスピンオフに伴うM&A案件において、企業再生ファンドやバイアウト・ファンドの方々からご依頼を頂く場合にも、M&Aを専門とする弁護士が同業種で研究活動等に従事した経験のある弁理士とチームを組み、事業に関連するコア技術についての専門的な分析も進め、アドバイスをいたします。

当事務所は、多様なバックグラウンドを持つ人材の専門性とノウハウを活かし、そうした人材のスキルを横断的に取り纏めた上で、ファンドの方々に法的アドバイスを提供できる体制を整えています。これが、ファンドの方々に対して、当事務所が提供できる最大の付加価値であると考えています。

ページの先頭へ