取扱分野

倒産処理 / 企業再生

金融危機や自然災害の例を出すまでもなく、どのような努力を行っても環境変化などのために、企業や個人が経済的苦境に陥ることは時として避けがたいのが現実です。このような場合に、窮境に陥った企業や個人、さらには従業員や取引先などの関係者が被る不利益を最小化し、再建のチャンスを最大化することは極めて重要であり、TMIはそのためのサポート業務を幅広く提供しています。

今日、民事再生、会社更生、破産、特別清算といった法的な手続だけでなく、事業再生ADR、中小企業再生支援協議会、特定調停、私的整理ガイドライン等を利用した私的整理手続など、さまざまな方法や手法が制度的に用意されていますが、当事務所は、事業再生や清算処理のために何が必要かつ最適かを常に深く思考しながら、専門的な知識とノウハウに基づくサービスを提供しています。

クライアントとしては、債務者側として多種多様な産業分野における大規模企業から中小企業、地方企業や個人に支援業務を提供しているだけでなく、債権者である金融機関、取引先、スポンサー企業、投資家など、事業再生や倒産に関わるさまざまな当事者をサポートしています。また、当事務所に所属する多くの弁護士は、裁判所から選任された更生管財人、破産管財人、監督委員やこれらの代理といった業務も行っています。

昨今の事業再生は国内のみで完結することは少なく、海外の生産拠点やビジネスパートナーなど、海外に関する事項が重要な地位を占めていることが少なくありません。当事務所は、アジアを中心に海外拠点を展開しており、また複数の海外法律事務所とグローバルレベルでのネットワークを構築しており、事業再生の案件においてもこのようなグローバルネットワークを積極的に活用してワンストップ・サービスを提供しています。

近年、事業再生や倒産は、単にそれらに関する知識や経験だけではなく、事案ごとに専門的な分野の知見が必要となる場合が多くあります。当事務所は、大規模事務所であることや事務所内の各業務グループ間の垣根がないことのメリットを活かし、M&A、金融、知的財産といった分野を含め、事件の処理に必要な専門的な人員や知見を機動的に動員して、案件に適切に対応することを重要なポリシーとしています。

民事再生・会社更生 破産・特別清算 私的整理・事業再生ADR
DES・DDS DIPファイナンス 公的再生支援
ページの先頭へ