取扱分野

知的財産 知財戦略支援

ビジネスゴールを達成する知財戦略の構築

近年、企業体において、日々創出される発明・デザイン・マークを知的財産権(特許権・意匠権・商標権)として権利化することを主目的としていた受動的な知財活動から、知的財産権を取得するビジネス上の目的を明確にした上で、その目的達成のための知財戦略を構築する能動的な知財活動への転換が図られています。その目的は多種多様であり、知財ライセンス収入の向上を図る企業、製品の防衛的な役割を知的財産権に求める企業、大型の知財ポートフォリオにより競合他社への牽制を図る企業、ビジネス上の強固な参入障壁の構築を狙う企業など様々です。TMIでは、知的財産のコンサルティング経験を有する弁護士・弁理士によって、クライアントとともに自社の現状に適した知財戦略を構築します。

知財戦略に即した知財ポートフォリオの構築

いかなる知財戦略を遂行する上でも知財ポートフォリオの構築は必須となります。知財ポートフォリオ構築に際して検討・実行すべき事項は多岐に渡り、目的としたビジネスゴールを達成するための特許・意匠・商標等の出願件数の決定、知的財産権で保護する技術分野・製品の選定、オープン・クローズの判断、海外出願国の選定、競合他社製品を踏まえた権利化、特許売買等の知財トランザクションによるポートフォリオの最適化等が挙げられます。TMIでは、定めた知財戦略に適切な知財ポートフォリオの構築方法を提案し、その実現に向けた実務サービスを提供します。

知財交渉の支援

知財戦略に「活用」を含める場合、他社との知財交渉・ビジネス交渉は必ず通過しなければならないステップとなります。これらの交渉には、TMIが得意とする知財トランザクションとも共通するところがあり、時には知財訴訟に発展することもあります。TMIは知財訴訟にも強みをもっていますが、企業間の特許交渉のうち、知財訴訟まで発展し、さらに判決まで辿り着くものは一握りに過ぎません。特許交渉やビジネス交渉には知財訴訟とは異なるテクニックが必要となることもあり、TMIでは、交渉経験が豊富な弁護士・弁理士がクライアントの目的達成のために尽力しています。

この業務を取り扱う弁護士

この業務を取り扱う弁理士

関連する論文・著書

2015/06/01論文 「プレイヤーの多様化と急速なグローバル化の中で自社の優位性を特許で確保するために」(The Lawyers)
2015/04/15論文 「海外から見た日本企業の知財活用」(知財管理)

関連するセミナー・講演

2015/10/08外部 IPBC アジア “Asia Market Wrap” (モデレータ)
2015/08/07外部 「『大学技術移転協議会アニュアルカンファレンス』-大学知財は何を管理すべきか-」
2015/01/27TMI主催・共催 【満席のため受付終了】TMI特別セミナー「知的財産権の活用とそれを見据えた権利化」

関連するニューズレター・法令ニュース

ページの先頭へ