取扱分野

知的財産 知財トランザクション

知財トランザクション-2

ビジネスに直接貢献する知的財産活用

知的創造サイクルにおいて、知的財産の「創造」及び「保護」のみならず「活用」を重視する声がますます高まっています。この活用を大きく、法廷で繰り広げられる知的財産権(特許・意匠・商標等)の侵害訴訟と、法廷外で行われる知的財産トランザクションに分けて捉えることができます。知財トランザクションの種類としては、自社の知的財産権を他社に実施許諾することで収益化を図るライセンス・アウト、他社の知的財産を利用して自社ビジネスを加速させるライセンス・イン、特許等の相互利用を図るクロス・ライセンス、不要となった特許等の他社への販売、特定技術領域の保護や活用を見据えた特許の買収、これらの知財移転を伴ったテクノロジー・トランスファー(技術移転)等が挙げられます。特許等の知的財産は、このような活用によってビジネスに直接貢献することになります。

ビジネスマインドとリーガルマインドを併せもつ知財エキスパート集団

知財トランザクションを遂行するにはリーガルマインドも必要ですが、ビジネスマインド無くしては目的を達成することはできません。自社及び他社そして業界のビジネス動向や経済状況、互いの特許ポートフォリオの質や量等を総合的に考慮し、その状況に応じた最善策を講じることが大切です。ビジネスマインドとリーガルマインドを併せもつ経験豊富なTMIの知財エキスパートが、クライアントの目的達成のために最適な知財トランザクション・サービスを提供しています。

知財トランザクションのあらゆるフェーズに対応可能

知財トランザクションの戦略構築からクローズまでには、適切なパートナー企業の選定、特許・商標の価値評価、書面及び口頭での特許やビジネスの交渉、契約関連書類の作成、そして、これらを実現する前段階としての他社ビジネスの動向や競合製品を踏まえた出願や権利化まで様々なフェーズがあります。TMIはクライアントのニーズに合わせ、知財トランザクションのいずれのフェーズでも、また、どのような種類の知的財産(特許・意匠・商標等)であってもお手伝いすることができます。また、語学力及び交渉力に長けた精鋭陣が、国内外の知的財産を活用して外国企業との交渉やトランザクションもサポートします。

ページの先頭へ