取扱分野

労働法

企業活動を円滑に進める上で、企業の重要な構成要素である「人(労働者)」との関係をいかに構築するかは極めて重要な問題です。TMIは、クライアントに生じ得る全ての労働問題について、全面的にサポートいたします。

労働問題においては、解雇権濫用法理をはじめとして、就業規則の不利益変更における合理性の有無、配転命令における不当な動機の有無、人事権の行使における裁量権の逸脱の有無等、具体的事案における個々の行為についての評価が、裁判所の最終的な判断を左右することが多くあります。法律、規則、通達といった関連する労働関連法規を知悉(ちしつ)するだけでなく、最新の裁判例のフォローやその傾向についての分析が不可欠です。当事務所は、こうした最新の情報分析を前提に、数多くの労働事件を手がけてきた経験豊富な弁護士が、クライアントの方針や労務管理の実態を踏まえ、レピュテーションリスクや紛争解決におけるトータルコストも考慮して、目標とする結果へのベストな解決方法を提示いたします。

人事制度の構築・運用 M&A、IPOにおける労務デュー・ディリジェンス 労働審判・労働関係訴訟等への対応
組合対応等 出入国関連 労働基準監督署対応
ページの先頭へ