取扱分野

ファイナンス 証券化・流動化・REIT

TMIの手がける証券化・流動化の対象は、債権(貸付債権、リース債権、売掛債権、不良債権など)、船舶等のアセット、不動産(オフィス、レジデンス、物流施設、ホテル、病院、老人ホームなど)、知的財産権(特許権、著作権等)のほか、事業の証券化等、多岐におよびます。当事務所では、先端金融分野での各法制度や実務慣行を熟知した弁護士が、リスク分析、ストラクチャーの構築から、契約条件交渉、各種契約書の作成、規制当局との折衝や必要な届出手続に至るまで、あらゆる段階における業務を提供し、数多くの実績を誇っております。

こうした実績を背景に、当事務所では、国内外のレンダー、投資家、アレンジャー、オリジネーター、アセットマネジャー、信託銀行など、あらゆる立場のクライアントに対し業務を提供しております。

REITの分野においても、資金調達や物件取得時デューデリジェンス支援、各種契約の作成、開示規制への対応に至るまで、幅広く業務を提供しております。

また、案件組成後に発生する関係当事者間の訴訟その他の紛争案件にも、専門性を活かし効果的な代理人活動を行い、成果を得、また、関係当事者が倒産した場合の対応においても、リストラクチャリングを始めとする適切なアドバイスを数多く行い、この点においても豊富な実績をもちます。

この業務を取り扱う弁護士

関連するセミナー・講演

2019/06/18外部 「不動産アセットマネージャーのための民法改正に対応した契約書雛形分析」
2019/05/20外部 「不動産AMのための民法改正に対応した契約書雛形分析~現物(受益権)の売買契約、賃貸借契約、AM契約等不動産業者や金融機関にも有益な契約書の分析~」
2019/05/21外部 「不動産関連新規事業の横断分析2019~ビジネス的な観点から、自己信託、小口化商品、不動産M&Aや信託内借入れ等を、近年のトレンドを踏まえて具体的に分析~ 」
2019/03/25外部 「不動産「新ビジネス」展開のための法務解説と事業化手法の研究」
2019/03/06外部 「ホテル投資への法的留意点を総解説」

関連するニューズレター・法令ニュース

ページの先頭へ