取扱分野

ファイナンス ストラクチャード・ファイナンス

TMIでは、金融に関する専門的知識および経験を有する30名を超える弁護士が、継続的にストラクチャード・ファイナンス業務に携わっています。当事務所において、ストラクチャード・ファイナンス部門は大きな柱の一つとなっており、当事務所の有する経験と実績は、国内外のクライアントから高い評価を得ています。

当事務所のストラクチャード・ファイナンス部門の強みは、国内および国外の銀行、証券会社、発行体、アセットマネジャー、アレンジャー、信託銀行、投資家、サービサー、格付機関などのさまざまな立場を有するプレイヤーからの多様な依頼に応えてきた豊富な経験と、これらの経験に基づくノウハウの蓄積にあります。また、当事務所のストラクチャード・ファイナンス部門の弁護士は、その陣容および数において国内最大規模であり、複雑な事案であっても迅速に対応することが可能です。

取り扱い案件は多岐にわたり、とりわけ不動産、知的財産権、債権、事業の流動化・証券化においては、他の法律事務所の追随を許さない実績、経験、ノウハウを有しております。また、綿密な作り込みが要求される新規性の高い商品・ストラクチャーについても、積極的に関与してきております。さらに、GK-TKスキームやTMKスキーム等のスキーム選択に関するアドバイスや、スキーム破綻時おける対応などについても豊富な経験と実績を有しております。

ストラクチャード・ファイナンス部門に属する弁護士のバックグラウンドは多様性に富み、金融庁、大手銀行・証券会社、アセットマネジメント会社、金融商品取引所などへの出向経験を有する弁護士が多数存在することも、特色の一つとなっております。また、豊富な海外ネットワークを駆使したグローバルな案件への対応も、当事務所のストラクチャード・ファイナンス部門の強みの一つです。

この業務を取り扱う弁護士

関連する論文・著書

2013/09/02論文 「第78回法令ニュース 時効によって消滅した債権の相殺の要件」(月刊プロパティマネジメント 2013年9月号)

関連するセミナー・講演

2019/09/13外部 「不動産アセットマネージャーのための民法改正に対応した契約書雛形分析 ~不動産業者、金融機関にも有益な雛形を用いた受益権売買契約、賃貸借契約、AM契約等の詳細分析~」
2019/08/01TMI主催・共催 TMI特別セミナー~最新法律実務シリーズ(全5回)~第3回 「はじめての不動産クラウド・ファンディング~少額の資金を集めて不動産に投資するファンドの実務~」【2019/8/2(金)10:00~本セミナー専用申込ページにて申込受付開始】
2019/07/28外部 「『ホテル事業』に関わる法的留意点の全解説」
2019/07/21外部 「不動産関連新規事業の横断分析~ビジネス的な観点から、自己信託、小口化商品、不動産M&Aや信託内借入れ等を、近年のトレンドを踏まえて具体的に分析~」
2019/07/19外部 「民法改正に対応した不動産ファンドの契約書雛形分析~雛形を使い受益権売買契約、賃貸借契約、AM契約等を詳細に分析し解説する~」

関連するニューズレター・法令ニュース

ページの先頭へ