取扱分野

独占禁止法 / 競争法 下請法

下請代金支払遅延等防止法(下請法)は、親事業者と下請事業者の間の取引を公正にし、下請事業者の利益を保護することを内容とする法律で,親事業者による受領拒否、下請代金の支払遅延・減額、返品、買いたたき等の行為を規制しています。

近年、下請法違反で勧告や指導を受ける事業者が増加し、事業者における下請法対応の重要性は以前より高まっております。また、以前はそれほど問題とされなかった小売業者のPB商品に関する取引についても、下請法違反で公正取引委員会等から指導を受ける事案が増加しています。

TMIでは、公正取引委員会や中小企業庁の下請法書面調査、立入検査への対応に豊富な経験があり、適切な防御活動を行うためのアドバイスを行ってまいりました。また、下請法コンプライアンス体制の構築などにも多くの実績があります。

ページの先頭へ