取扱分野

税務

税務は、企業と個人において避けて通ることのできない重要な問題です。法律問題の解決の際にも、税務まで考慮に入れて解決を図らなければ、思わぬ課税問題が発生する可能性があります。TMIでは、会社法や知的財産などを専門とする弁護士と連携しながら、税理士・公認会計士の資格を持つ弁護士が最適なアドバイスを提供いたします。また、元国税庁長官、元国税局長を顧問に迎え、税務当局の思考を踏まえて税務問題に対処することができます。

企業の事業活動にとって必須の法人税や国際税務については、日常的な税務相談から、国内外で提携する事務所と連携したグローバルなタックス・プランニング、複雑な案件での税務調査対応、数百億円規模の税務訴訟まで、税務が問題となる各種案件に対応しています。また、富裕層の関心の強い相続税・贈与税については、国際税務や事業承継税制などを活用したタックス・プランニングを策定して、課税リスクの低減を図りつつ、税務コストの最小化を目指しています。

当事務所では、移転価格税制や相続税での税務調査対応において数十億円規模の課税処分の減額を勝ち取ったほか、数十億円規模以上の法人税の課税処分取消訴訟において全面的に勝訴するなど、税務調査対応および税務争訟において大きな実績を挙げています。また、経済産業省の外国事業体課税に関する調査報告を受託したほか、日本租税研究協会での講演の開催、IFA(国際租税協会)や経団連の国際課税研究会への参加などを通じて、国内外の税務に関する最新の動向を把握しています。

タックス・プランニング 税務争訟
ページの先頭へ