取扱分野

海事 船舶の安全運航・海難事故(ウェットシッピング)

「有事」におけるサポート  
海上運送(ドライシッピング)に関する紛争のみならず、船舶の安全運航に関わる事項(ウェットシッピング)への対応も、海事分野の重要なプラクティスのひとつです。TMIでは、実際に起きてしまった船舶の衝突・座礁等の海難事故について、原因究明・賠償手続に向けた適切な法的サポートを行うとともに、船骸撤去、油濁をはじめとする環境損害への対処、共同海損、サルベージ(海難救助)契約、船主責任制限手続など、様々な観点から必要となるリーガルアドバイスを提供します。

「平時」におけるアドバイス
また、わが国は、1974年の海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS条約)や海洋汚染防止条約(MARPOL 73/78条約)等を批准し、国内法として船舶安全法・海洋汚染防止法等を制定しており、船舶の安全航行には様々な規制法規が関係します。そこで、TMIでは、「平時」の段階から海事コンプライアンスの観点で、これらの条約・法規制の解釈に関するアドバイス、官公庁への照会等を行い、船舶の安全運航・海難事故の防止を法的側面からサポートします。

この分野においては堀龍兒顧問も弁護士とともにアドバイスいたします。

ページの先頭へ