論文・著書

『逐条解説・2012年金融商品取引法改正』

4-7857-2093-3

執筆に参加いたしました。

【詳細】(出版社HPより)
立案担当者が、「総合的な取引所」の実現に向けた制度整備、店頭デリバティブ規制の整備、適切な不公正取引規制の確保のための課徴金制度・インサイダー取引規制の見直しなどの2012年改正法を詳解。

 

著者等 弁護士 : 池田賢生
発行日2013/06/30
判型A5判
出版社商事法務
価格3,360円(税込)
主要目次第1部 改正の概要
Ⅰ 改正の経緯と概要 
Ⅱ 改正の全体像  
第2部 主な改正事項のねらいと要点
Ⅰ わが国市場の国際競争力の強化・利用者利便の向上  
Ⅱ グローバルな金融・資本市場の混乱を踏まえた金融システム強化  
Ⅲ 利用者が安心して取引できる適切な規制整備  
第3部 逐条解説編
Ⅰ金融商品取引法の一部改正に係る逐条解説  
第1条 金融商品取引法の一部改正(公布後1年以内施行等)  
第6章 有価証券の取引等に関する規制  
第2条 金融商品取引法の一部改正(公布後1年半以内施行等)  
第1章 総則  
第3章 金融商品取引業者等  
第4章の2 投資者保護基金  
第5章 金融商品取引所  
第6章 有価証券の取引等に関する規制  
第7章 雑則  
第8章 罰則  
第3条 金融商品取引法の一部改正(公布後3年以内施行等)  
第3章 金融商品取引業者等  
第5章の2 外国金融商品取引所  
第5章の3 金融商品取引清算機関等  
第7章 雑則  
第8章 罰則  
事項索引
ページの先頭へ
CLOSE

この弁護士に関連する論文・著書

2020/05/25論文 「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた企業決算・株主総会・有価証券報告書の開示対応」(金融法務事情)
2019/11/15論文 「[M&A戦略と法務]キャッシュ・アウト事案における「公正な価格」の現在地点~東京高決平成31年2月27日を契機として」(MARR)
2019/06/25論文 「企業による情報開示に無駄はないのか-「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組の支援について」(平30.12.28)-」(金融法務事情)
2019/05/25論文 「開示府令の改正に伴う有価証券報告書等の記載内容および実務上の留意点」(会社法務A2Z)
2017/10/17論文 「フェア・ディスクロージャー・ルール導入に伴うM&Aにおける実務上の留意点」(MARR)
2018/12/10論文 「論説 地方銀行の経営統合の実務および留意点」(金融法務事情)
2018/11/01論文 「Japan chapter of Real Estate M&A」(Getting The Deal Through: Real Estate M&A)
2012/12/05論文 「課徴金制度の見直し(2)―虚偽開示書類等の提出等に加担する行為に対する課徴金の適用―」(旬刊商事法務 2012年12月5日号)
2012/11/05論文 「私設取引システムにおける取引に対する公開買付規制の適用の見直し」(旬刊商事法務 2012年11月5日号)
2012/11論文 「自己株取得を組み合わせた他社株公開買付けと二段階公開買付けにおける金融商品取引法上の諸問題」(MARR 2012年11月号)
2011/07著書 『詳説 公開買付制度・大量保有報告制度 Q&A』
2011/07/25論文 「自社株対価公開買付け等に係る公開買付制度上の取扱い(Q&A)の解説」(旬刊商事法務 7月25日号)
2010/08/05論文 「金融・資本市場の観点から重要と考えられる論点 -会社法制関係-」(旬刊商事法務 8月5日号)
閉じる

この業務に関連する論文・著書