セミナー・講演

第77回TMI月例セミナー「上場会社が押さえておくべき東証制度と実務」

TMI総合法律事務所では、クライアント様を対象に情報提供の場として、毎月無料にて月例セミナーを開催致しておりますが、第77回となる今回は、「上場会社が押さえておくべき東証制度と実務」についてのセミナーを開催させていただきます。

近年、東京証券取引所では、平成26年2月に独立性の高い社外取締役の確保に係る規則改正がなされ、同年5月にはスクープ報道がなされた場合のコメント開示対応に係る注意喚起制度が導入されるなど、上場会社に影響を与えるような制度改正が頻繁に行われています。また、従前より、上場会社には、取引所が定める規則等により、投資者への適時適切な情報の開示や企業行動規範の遵守、尊重が求められており、上場会社グループにとっては、これらの制度を理解し、対応することが業務上欠かせないものとなっています。

さらに、上場会社において不祥事が発生した場合、取引所から、調査報告、適時開示等の対応を求められることがありますが、事案によっては、その後、公表、改善報告書徴求、違約金、特注指定、上場廃止等の処分がなされる可能性もあります。不祥事が発生した場合に行うべき対応や公表の有無を検討する上で、これらの処分のレベル感や東証対応の流れを知っておくことが有益です。

そこで、今回のセミナーでは、可能な限り、近時の制度改正を踏まえつつ、取引所が上場会社に求めている適時開示や企業行動規範等について制度の概要や実務上のポイントを説明するとともに、不祥事の一類型として、決算訂正を伴う会計処理が行われる場合はどうなるのか、不祥事が発生した場合に開示すべきかといった点等を、規則や事例を交えてご説明いたします。

※大変ご好評のため、満席になりましたので受付を終了いたしました。

講師 弁護士 : 和藤誠治
日時2014年12月10日(水)14:00~16:00(受付開始13:30)(追加開催)(満席のため受付終了)
2014年12月11日(木)10:00~12:00(受付開始 9:30)(満席のため受付終了)
2014年12月11日(木)14:00~16:00(受付開始13:30)(満席のため受付終了)
申込期間2014年11月 5日(水)10:00~11月11日(火)17:00
テーマ「上場会社が押さえておくべき東証制度と実務」
業務分野 不正調査
定員各120名
会場TMI総合法律事務所 22階セミナールーム
東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー
GoogleMapを見る
問い合わせ先月例セミナー担当:岡野
電話:(03)6438-5511(代表)
e-mail: monthlyseminar@tmi.gr.jp
詳細URLhttp://www.tmi.gr.jp/data/pdf/seminar/77thmonthlyseminar.pdf
ページの先頭へ
CLOSE

この弁護士・弁理士に関連するセミナー

閉じる

この業務に関連するセミナー