セミナー・講演

【申込受付期間延長】【TMI神戸オフィス特別セミナー】Morgan, Lewis & Bockius LLP / TMI総合法律事務所ジョイントセミナー「日米における最新知財重要判例のご紹介」【2017/9/26(火)10:00~申込受付開始】

TMI総合法律事務所では、クライアント様を対象に情報提供の場として、毎月無料にて月例セミナーを開催いたしておりますが、今回は、TMI総合法律事務所神戸オフィス特別セミナーとして、TMI総合法律事務所と外国法共同事業を行っているMorgan, Lewis & Bockius LLPと共同で、上記テーマにてジョイントセミナーを実施いたします。

ご多忙中とは存じますが、ぜひともご参加賜りたくご案内申し上げます。

 
 ※申込受付期間を延長いたしました。

講師 弁護士 : 上野さやか
弁理士 : 村井賢郎
Robert Gaybrick 弁護士(モルガン・ルイス ワシントンD.C.オフィス パートナー/ワシントン特別区弁護士)                                                                                                                  森下 実郎 弁護士(モルガン・ルイス ワシントンD.C.オフィス アソシエイト/カリフォルニア州及びワシントン特別区弁護士)
日時2017年10月23日(月)15:00~18:00(受付開始14:30)
申込期間2017年9月26日(火)10:00~10月13日(金)17:00
テーマ【セミナーの概要】
第1部(日本):「2016-2017年の特許裁判例紹介~医薬関連分野を中心に~」
近年の日本国内の特許関連訴訟動向、及び直近の大合議判決のほか、2016-2017年の裁判例から、主に医薬関連分野を中心とした裁判例をご紹介いたします。

第2部(日本):「数値限定発明の特許出願戦略」
所定のパラメータを数値で限定した数値限定発明は、権利取得の際にも、権利活用の場面でも、様々な課題がつきまといます。
本セミナーでは、最近の電気/機械系の数値限定発明に関する判例を材料に、数値限定発明の特許出願に直面した知財担当者が、より安定した権利を取得するために検討すべき方策について考察し、解説いたします。

第3部(米国):「TC Heartland最高裁判例の影響に関する考察」
本年5月に米国最高裁判所が判示したTC Heartland判決は、原告が訴訟を提起することができる裁判所を限定する効果があり、米国における特許権の行使をより困難とする効果があると言われています。ただし、本件で問題となっているVenue(裁判地)に関する決定権は引続き各連邦地裁判事に委ねられており、TC Heartland判例後は各地裁にて多種多様な判断が下されているのが現状です。本セミナーではTC Heartland後に出されたVenue関連の判断を調査分析し、今後特許権者が取り得る訴訟戦略及び対抗手段について解説いたします。

第4部(米国):「2016-2017年米国知財重要判例10選」
昨年から本年に掛けて米国最高裁判所及びCAFCが立て続けに判示した重要判例のうち10件を選定し、ショートサマリーをご提示いたします。10件の内訳は下記の通りです。
 ・ Impression Products Inc. v. Lexmark International Inc. (Supreme Court): Patent Exhaustion
 ・ SCA Hygiene v first Quality (Supreme Court): Laches
 ・ The Medicines Company v Hospira (CAFC): On Sales Bar
 ・ Water Splash v Menon (Supreme Court): Service through Hague Convention
 ・ Lee v. Tam (Supreme Court): Disparaging Trademarks
 ・ In re Queen's University at Kingston (CAFC): Patent Agent Privilege
 ・ Life Technologies Corp. v. Promega (Supreme Court): Substantial Portion Test
 ・ In re Van Os (CAFC): Obviousness
 ・ Poly-America, L.P, v API Industries, Inc. (CAFC): Claim Scope Disavowal
 ・ In re Aqua Products, Inc. (CAFC): Claim Amendment in IPR
業務分野 医療 / ヘルスケア / バイオ / 知財訴訟・審判
定員先着45名様
会場神戸国際会館セミナーハウス 701号会議室
兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1番6号
問い合わせ先TMI総合法律事務所 神戸オフィス
担当:村上裕子・伊藤瑞紀
電話:078-291-5151(代表)
e-mail: TMIkobe-MLB@tmi.gr.jp
詳細URLhttp://www.tmi.gr.jp/data/pdf/seminar/morgan-tmikobe1023.pdf
備考Robert Gaybrick 弁護士による講演は、英語のみとなりますが、適宜日本語による要約・解説が付きます。

会場内での録音・録画はご遠慮ください。
ページの先頭へ
CLOSE

この弁護士・弁理士に関連するセミナー

閉じる

この業務に関連するセミナー

2017/07/21 外部 「病院の労務リスク対策セミナー ~医療機関にも押し寄せる「働き方改革」の波~」
2017/05/29 外部 「改正個人情報保護法・各種ガイドラインの整備を踏まえた医療ビッグデータビジネスの法的対応と実務~法規制のクリアランスと抑えなければならない実務上のポイント~」
2017/05/25 外部 「医療ビッグデータの利活用と改正個人情報保護法上の課題~法規制のクリアランスと医療ビッグデータの利活用に向けた体制整備~」
2017/05/17 外部 「医療法改正を踏まえた医療法人内部通報制度の利活用」
2017/03/13 外部 「医療法人の内部通報制度の活かし方-医療法改正を踏まえて求められる対応-」
2017/02/24 外部 「改正個人情報保護法からみる医療ビッグデータの活用法 ~個人情報保護法ガイドラインを踏まえた診療情報、ゲノム情報等の取扱い~」
2016/01/29 月例 第90回TMI月例セミナーのご案内「2015年の実務者が注目すべき特許訴訟判決 -元知財高裁裁判長・塩月弁護士による批評を交えて-」【2015/12/16(水)10:00~申込受付開始】
2015/02/27 月例 【追加開催決定】第79回TMI月例セミナー「新たなヘルスケア・ビジネスと薬事・医事法規制」
2014/12/08 外部 「ヘルスケアビジネスのデューディリジェンス及び事業再編~直近及び今後の医療法改正動向等を踏まえて~」
2014/11/18 TMI主催・共催 【TMI神戸オフィス特別セミナー】Morgan, Lewis & Bockius LLP / TMI総合法律事務所ジョイントセミナー「日米におけるバイオ知財の最新実務」
2014/10/06 外部 「バイオビジネスの法務 ~バイオビジネスを取り巻く法務リスクと関連法規の最新動向~」
2014/03/03 TMI主催・共催 Morgan, Lewis & Bockius LLP / TMI総合法律事務所ジョイントセミナー「米国・アジアにおける知財戦略の実務」