弁護士・弁理士等

村上光鵄 Kohshi Murakami


経歴

1940年 生
1958年 3月 福井県立乾徳高等学校卒業
1963年 3月 京都大学法学部卒業
1965年 3月 京都大学大学院法学研究科修士課程修了
1965年 4月 最高裁判所司法研修所入所
1967年 4月 東京地方裁判所判事補
1973年 4月 書記官研修所教官(刑事裁判担当)
1979年 4月 最高裁判所司法研修所教官(刑事裁判担当)
1983年 4月 東京地方裁判所判事
1984年 4月 最高裁判所刑事局第2課長
1986年 4月 最高裁判所刑事局第1課長兼第3課長
1988年 4月 東京地方裁判所部総括判事
1989年 3月 最高裁判所司法研修所教官(裁判官担当)
1993年 4月 最高裁判所司法研修所上席教官(刑事裁判担当)
1997年 9月 佐賀地方裁判所家庭裁判所長
1999年 4月 東京高等裁判所部総括判事(長官代行・財政経済事件集中部裁判長)
2005年 2月 定年退官
2005年 4月 京都大学大学院法学研究科教授(~2008年3月)
第一東京弁護士会登録
2005年 6月 TMI総合法律事務所に客員として参画
2006年 1月 司法試験第二次試験考査委員(憲法)(~2008年3月)
2006年 9月 株式会社サンエー・インターナショナル社外取締役
(~2010年8月)
2008年 4月 横浜国立大学大学院国際社会学科教授(~2011年3月)
2008年 6月 ミネベア株式会社社外取締役
2008年 9月 一般社団法人日本商事仲裁協会仲裁人
2009年 4月 大東文化大学大学院法務研究科特任教授(~2013年3月)
2010年 9月 海事補佐人登録(海難審判所)
2012年 4月 一般財団法人司法協会研究助成選考委員長

取扱分野

専門分野・その他の取扱分野

刑事関連訴訟 / 税務関連訴訟 / セクハラ・パワハラ / 少年事件 / 海難事件

登録・所属

第一東京弁護士会(2005) / 商事仲裁人 / 海事補佐人 / 弁護士研修委員会 / 日本刑法学会 / 日本CSR普及協会 / 日本山岳会

使用言語

日本語 / 英語
k_murakami

論文・著書

論文 【判例解説】村上光鵄弁護士の判例解説「上告審における事実誤認の審査方法-満員電車内の痴漢事件について無罪とされた事例」が重要判例解説に掲載されました
論文 【その他】「裁判員裁判における事実認定」(研修9月号)

その他の論文・著書

  • 論文 「刑事裁判判例批評~刑の変更の意義」 刑事法ジャーナル9号 成文堂
  • 論文 「刑事訴訟法 第1審判決後になされた窃盗罪の法定刑改正と刑訴法383条2号の「刑の変更」」 平成18年度重要判例解説 有斐閣
  • 論文 「一事不再理効の客観的範囲」 小林充先生佐藤文哉先生古希祝賀刑事裁判論集 判例タイムズ社
  • 執筆 「司馬遼太郎さんのこと」 法曹654号 法曹会
  • 著書  『大コンメンタール刑法 第5巻60条(共同正犯)』 青林書院
  • 論文 「警察実務判例解説(再捜索・差押え編)」 別冊判例タイムズ10号
ページの先頭へ
閉じる

論文・著書

論文 【判例解説】村上光鵄弁護士の判例解説「上告審における事実誤認の審査方法-満員電車内の痴漢事件について無罪とされた事例」が重要判例解説に掲載されました
論文 【その他】「裁判員裁判における事実認定」(研修9月号)

その他の論文・著書

  • 論文 「刑事裁判判例批評~刑の変更の意義」 刑事法ジャーナル9号 成文堂
  • 論文 「刑事訴訟法 第1審判決後になされた窃盗罪の法定刑改正と刑訴法383条2号の「刑の変更」」 平成18年度重要判例解説 有斐閣
  • 論文 「一事不再理効の客観的範囲」 小林充先生佐藤文哉先生古希祝賀刑事裁判論集 判例タイムズ社
  • 執筆 「司馬遼太郎さんのこと」 法曹654号 法曹会
  • 著書  『大コンメンタール刑法 第5巻60条(共同正犯)』 青林書院
  • 論文 「警察実務判例解説(再捜索・差押え編)」 別冊判例タイムズ10号
閉じる

セミナー・講演