弁護士・弁理士等

上野一英 Kazuhide Ueno


経歴

1982年 生
2001年 3月 学習院高等科卒業
2005年 3月 学習院大学法学部法学科卒業
2007年 3月 慶應義塾大学法科大学院修了
2007年 11月 最高裁判所司法研修所入所
2008年 12月 東京弁護士会登録
2009年 1月 TMI総合法律事務所勤務
2014年 6月 ジョージタウン大学ローセンター(LL.M.)修了
2014年 10月 Wilmer Cutler Pickering Hale and Dorr法律事務所(ワシントンDCオフィス)勤務
2015年 6月 経済産業省通商政策局通商機構部(国際法務室/国際経済紛争対策室)出向
2017年 9月 TMI総合法律事務所復帰

取扱分野

専門分野・その他の取扱分野

国際通商法

登録・所属

東京弁護士会(2008)

使用言語

日本語 / 英語
k_ueno

論文・著書

2018/05/30論文 「企業からみる通商問題:外国当局による過大な関税賦課と解決法の基礎」(Tax &Accounting Blog)
2018/03/20論文 「モニタリング,複合的アプローチで成果を「通商政策への働きかけ」」(ビジネス法務)
2018/04/21論文 「データ移転,セーフガード TPP11 大筋合意でみえた企業の検討ポイント」(ビジネス法務)
2012/09論文 【企業法務】「企業から見るアンチダンピング関税の最新事情~海外での賦課に対する方策を含めて~」(貿易と関税 2012年9月号)

その他の論文・著書

  • 論文 「[米国]日本産等殺菌剤に対する相殺関税及びAD調査における「実質的損害のおそれ」の認定」 国際商事法務 2017年07月号 No.7
  • 論文 「相殺措置調査における公的機関性、市場ベンチマークの判断基準、ファクツ・アベイラブル及び累積的評価」 国際商事法務 2016年01月15日号 No.1 
  • 諸外国の訴訟手続における営業秘密保護の在り方等に関する調査研究報告(経済産業省委託事業)
  • 著書 『外国人の法律相談』 東京弁護士会外国人の権利に関する委員会(編) 学陽書房(共著)

セミナー・講演

2013/05/31TMI主催・共催 TMI特別セミナー「海外当局からアンチ・ダンピング関税を課された時の最新の対応策と弁護士活用法~インド及びインドネシア当局対応を中心として~」
2013/03/26外部 「JKA補助事業『各国アンチ・ダンピングルールの標準化研究』成果報告会 -インド、タイ、インドネシア、豪州のAD制度及び運営上の問題点-」
ページの先頭へ
閉じる

論文・著書

2018/05/30 論文 「企業からみる通商問題:外国当局による過大な関税賦課と解決法の基礎」(Tax &Accounting Blog)
2018/03/20 論文 「モニタリング,複合的アプローチで成果を「通商政策への働きかけ」」(ビジネス法務)
2018/04/21 論文 「データ移転,セーフガード TPP11 大筋合意でみえた企業の検討ポイント」(ビジネス法務)
2012/09 論文 【企業法務】「企業から見るアンチダンピング関税の最新事情~海外での賦課に対する方策を含めて~」(貿易と関税 2012年9月号)

その他の論文・著書

  • 論文 「[米国]日本産等殺菌剤に対する相殺関税及びAD調査における「実質的損害のおそれ」の認定」 国際商事法務 2017年07月号 No.7
  • 論文 「相殺措置調査における公的機関性、市場ベンチマークの判断基準、ファクツ・アベイラブル及び累積的評価」 国際商事法務 2016年01月15日号 No.1 
  • 諸外国の訴訟手続における営業秘密保護の在り方等に関する調査研究報告(経済産業省委託事業)
  • 著書 『外国人の法律相談』 東京弁護士会外国人の権利に関する委員会(編) 学陽書房(共著)
閉じる

セミナー・講演