弁護士・弁理士等

三澤 充 Mitsuru Misawa


経歴

1975年 生
1994年 3月 長野県松本深志高等学校卒業
2000年 3月 早稲田大学法学部卒業
2004年 4月 最高裁判所司法研修所入所
2005年 10月 東京弁護士会登録
西村ときわ法律事務所(現 西村あさひ法律事務所)勤務
2010年 6月 留学のため弁護士登録抹消
2011年 5月 ノースウェスタン大学ロースクール卒業(LL.M.)
2012年 7月 ワシントンD.C.政府 中小企業振興局(コンサルティングインターン)
2013年 5月 ジョージタウン大学マクドノービジネススクール卒業 (MBA)
2013年 9月 東京弁護士会登録
TMI総合法律事務所勤務
2014年 1月 インドネシア ジャカルタのMataram Partners
法律事務所勤務
2015年 9月 インドネシア ジャカルタのMochtar Karuwin Komar
法律事務所勤務
2016年 1月 マレーシア クアラルンプールのChooi & Company
法律事務所駐在
2016年 4月 シンガポールオフィス駐在

取扱分野

専門分野・その他の取扱分野

株主総会対応 / アンチダンピング・関税対応

登録・所属

東京弁護士会(2005~2010, 2013) / シンガポール外国法弁護士(2016)

使用言語

日本語 / 英語
m_misawa

この弁護士の連絡先

この弁護士に問い合わせる

論文・著書

2014/08/27論文 「インドネシアにおける経済法令の現状と今後の展開-新大統領の政策の方向性を踏まえて-」(月刊インドネシア)
2014/06/19論文 「[M&A戦略と法務]インドネシア進出及び増資等に関する実務上の問題点‐2014年4月改訂新ネガティブリストを踏まえて‐」(MARR Online)
2014/07/20論文 「アジア諸国における商号の保護(その3)(完)」(知財管理)
2009/03/07論文 「預金者は銀行に対して預金に関する取引履歴の開示請求権を有するとし、共同相続人の一人は被相続人の取引履歴の開示請求権を有するとされた事例」

その他の論文・著書

  • 著書 『私的整理計画策定の実務』 商事法務(共著)

セミナー・講演

2018/07/27外部 「【現地報告】ASEAN諸国におけるマイノリティ出資の実務~インドネシア、マレーシア及びシンガポールを中心に 各国を比較しつつ具体的な事業を取り上げて解説~」
2018/03/02外部 「在マレーシア現地法人・駐在員の法律問題総ざらい」
2017/11/17外部 「2018年度グラントソントン・ビジネスセミナー ~2018年度税制改正と会計税務に関する最新動向/現地法人駐在員が今押さえておくべき法務トピック~」
2017/10/17外部 「「東南アジア戦略」セミナー ~専門家から見た東南アジアで成功する会社~」
2017/09/22外部 「ASEANへの投資を経営リスクにしない処方箋」
ページの先頭へ
閉じる

論文・著書

閉じる

セミナー・講演

2018/07/27外部 「【現地報告】ASEAN諸国におけるマイノリティ出資の実務~インドネシア、マレーシア及びシンガポールを中心に 各国を比較しつつ具体的な事業を取り上げて解説~」
2018/03/02外部 「在マレーシア現地法人・駐在員の法律問題総ざらい」
2017/11/17外部 「2018年度グラントソントン・ビジネスセミナー ~2018年度税制改正と会計税務に関する最新動向/現地法人駐在員が今押さえておくべき法務トピック~」
2017/10/17外部 「「東南アジア戦略」セミナー ~専門家から見た東南アジアで成功する会社~」
2017/09/22外部 「ASEANへの投資を経営リスクにしない処方箋」
2017/01/20外部 「ASEAN諸国における不動産取引の実務~インドネシア、マレーシア及びシンガポールを中心に事業用・投資用不動産取引を解説~」
2017/01/18外部 「インドネシアにおける企業活動の課題~社内不正と労働問題を中心に~」
2016/12/07外部 「『マレーシアにおける債権回収・担保に関する法制度とその実務』と『取引信用保険を活用した与信管理体制の強化と売上拡大』」
2016/11/15外部 「マレーシアにおける労務問題~解雇に関する実務上の問題点及び手続を中心に~」
2016/10/14TMI主催・共催 「アセアン諸国における社内不正実例~各専門家が考える対処・解決・再発防止とは~」
2015/10/23外部 「平成27年度ジャカルタ信金会(第一部:インドネシアにおいて日系企業および駐在員が遭遇する法律問題アップデート、第二部:インドネシアにおける四輪自動車産業(商用車)の現状と今後の展望)」