弁護士・弁理士等

中村勝彦 Masahiko Nakamura


経歴

1964年 生
1983年 3月 久留米大学附設高等学校卒業
1990年 3月 東京大学法学部第一類卒業
1990年 4月 最高裁判所司法研修所入所
1992年 4月 第一東京弁護士会登録
TMI総合法律事務所勤務
1999年 9月 ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン卒業(LL.M.)
1999年 10月 ロンドンのシモンズ・アンド・シモンズ法律事務所勤務
2000年 9月 TMI総合法律事務所復帰
2001年 4月 パートナー就任
2004年 10月 中央大学法科大学院兼任講師(~2009年3月)
2008年 9月 中央大学ビジネススクール客員講師(~2013年3月)
2009年 4月 中央大学法科大学院客員講師(~2017年3月)
2013年 4月 中央大学ビジネススクール客員教授
2015年 6月 日本商品化権協会監事
2017年 4月 中央大学法科大学院客員教授

取扱分野


登録・所属

第一東京弁護士会(1992)

使用言語

日本語 / 英語
m_nakamura

論文・著書

2017/01/03著書 『デジタルで変わる「広報コミュニケーション基礎」』
2016/01著書 『著作権の法律相談 Ⅱ』
2016/01著書 『著作権の法律相談 Ⅰ』
2015/08/10論文 「実務に効く 国際ビジネス判例精選」7.不当利得・事務管理の準拠法(ジュリスト 増刊号)
2013/12/21論文 「リスク判断のための紛争解決コスト分析 第4回『類似商品』」

その他の論文・著書

  • 著書 『知的財産判例総覧2014 Ⅱ』 青林書院(編者)
  • 論文 「不祥事への迅速な対応が判決を左右する時代に~“法律違反ではないから大丈夫”は過去の話!~」 PRIR
  • 論文 「フレッドペリー事件最高裁判決に関する評釈」 A.I.P.P.I.
  • 著書 『著作権の法律相談』 青林書院

セミナー・講演

2018/12/06外部 「広報担当者のための法務・倫理講座~広報がおさえておくべき法律知識~」
2018/09/06外部 「広報担当者のための法務・倫理講座~広報がおさえておくべき法律知識~」
2018/04/16外部 「法とコンプライアンスの観点から見た広報・PR~平時・有事の広報業務で留意すべき法的ポイント~」
2017/12/19外部 「広報担当者のための法務・倫理講座 -広報が押さえておくべき法律知識-」
2017/11/20外部 日本知的財産協会2017年度定例研修会Bコース「知的財産契約と民法(契約法)について」

その他のセミナー・講演

  • 外部 「著作権をめぐるトラブル事例とその法的実務対応~近時の著作権法改正の動向を踏まえて~」
  • 外部 「ブランド保護・育成のための商標法実務と侵害発生時の対応策」
ページの先頭へ
閉じる

論文・著書

閉じる

セミナー・講演

2018/12/06外部 「広報担当者のための法務・倫理講座~広報がおさえておくべき法律知識~」
2018/09/06外部 「広報担当者のための法務・倫理講座~広報がおさえておくべき法律知識~」
2018/04/16外部 「法とコンプライアンスの観点から見た広報・PR~平時・有事の広報業務で留意すべき法的ポイント~」
2017/12/19外部 「広報担当者のための法務・倫理講座 -広報が押さえておくべき法律知識-」
2017/11/20外部 日本知的財産協会2017年度定例研修会Bコース「知的財産契約と民法(契約法)について」
2017/10/05外部 「新任広報部長講座 ~ベテラン広報部長を囲むお悩み解決の交流サロン~」
2017/09/21外部 「広報が押さえておくべき法律知識」
2017/09/11外部 「基本事項から整理する!企業の著作権トラブルをめぐる法対応」
2017/04/11外部 広報・PRスタートアップ講座2017「法とコンプライアンスの観点から見た広報・PR ~平時・有事の広報業務で留意すべき法的ポイント~」
2016/09/26外部 「基本事項から整理する!企業の著作権トラブルをめぐる法対応」
2016/04/13外部 広報・PRスタートアップ講座「広報・PRで知っておくべき法規の基本~広報・PRパーソンに不可欠な法律知識」
2015/09/08外部 「企業の著作権トラブルをめぐる法対応」
2014/04/23外部 「広報・PR基礎講座2014-広報・PRと倫理・法規・CSR-」
2013/04/24外部 「広報・PRと倫理・法規・CSR」

その他のセミナー・講演

  • 外部 「著作権をめぐるトラブル事例とその法的実務対応~近時の著作権法改正の動向を踏まえて~」
  • 外部 「ブランド保護・育成のための商標法実務と侵害発生時の対応策」