弁護士・弁理士等

栗原誠二 Seiji Kurihara


経歴

1964年 生
1982年 3月 神奈川県立川和高等学校卒業
1986年 3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1986年 4月 日本光学工業株式会社(現 株式会社ニコン)入社
1993年 7月 Nikon Optical Canada Inc.出向(カナダ モントリオール市)(~1999年)
2004年 3月 株式会社ニコン退職
2004年 4月 最高裁判所司法研修所入所
2005年 10月 第二東京弁護士会登録
2005年 10月 新東京法律事務所(後にビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業)と統合)勤務
2015年 4月 TMI総合法律事務所勤務
2018年 1月 パートナー就任

取扱分野


登録・所属

第二東京弁護士会(2005) / 経営法曹会議会員

使用言語

日本語 / 英語
s_kurihara

論文・著書

2018/06/14著書 『事業者破産の理論・実務と書式』
2016/11/01論文 「Dealing with an Aging Workforce」(JAPANMARKT)

その他の論文・著書

  • 著書 『企業のための労働実務ガイド1 Q&Aと書式 解雇・退職』 商事法務(共編著)
  • 論文 「社員の不正行為が発覚した際に企業として、とるべき対応策」 月刊ザ・ローヤーズ 2015年1月号(共著)

セミナー・講演

2017/09/28外部 「What leaders need to know about monitoring employees’ working hours and preventing power harassment in the workplace」
2016/09/15外部 「Dealing with an Aging Workforce – Legal Aspects concerning Elderly Employees in Japan」
ページの先頭へ
閉じる

論文・著書

2018/06/14 著書 『事業者破産の理論・実務と書式』
2016/11/01 論文 「Dealing with an Aging Workforce」(JAPANMARKT)

その他の論文・著書

  • 著書 『企業のための労働実務ガイド1 Q&Aと書式 解雇・退職』 商事法務(共編著)
  • 論文 「社員の不正行為が発覚した際に企業として、とるべき対応策」 月刊ザ・ローヤーズ 2015年1月号(共著)
閉じる

セミナー・講演