弁護士・弁理士等

永田幸洋 Yukihiro Nagata


経歴

1978年 生
1996年 3月 滋賀県立膳所高等学校卒業
2001年 3月 京都大学農学部生物生産科学科卒業
2004年 3月 京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻修了
2005年 4月 最高裁判所司法研修所入所
2006年 10月 第二東京弁護士会登録
TMI総合法律事務所勤務
2012年 5月 ジョージタウン大学ロースクール卒業(LL.M.)
2012年 9月 ロスアンゼルスのギブソン・ダン・アンド・クラッチャー法律事務所勤務
2013年 7月 TMI総合法律事務所復帰
2014年 2月 カリフォルニア州弁護士資格取得
2019年 1月 パートナー就任

取扱分野


登録・所属

第二東京弁護士会(2006) / カリフォルニア州(2014)

使用言語

日本語 / 英語
y_nagata

この弁護士の連絡先

この弁護士に問い合わせる

論文・著書

2020/03/20論文 「MaaSビジネス成功の鍵となるデータ活用と法的留意点」(研究開発リーダー)
2020/03/01論文 「自動運転の自賠法適用範囲と旅客運送時のガイドライン整備」(The Finance)
2020/01/20論文 「日本版MaaSの実現と法的留意点」(研究開発リーダー)
2019/12/01論文 「自動運転車の安全性担保と保安基準整備の現状」(The Finance)
2019/09/11著書 『起業の法務――新規ビジネス設計のケースメソッド』

その他の論文・著書

セミナー・講演

2019/12/10外部 「MaaSに関する法規制の現状と課題を踏まえた新ビジネスの柔軟な展開手法~道路運送法、交通系データ利活用の法的論点~」
2019/11/28外部 「MaaS関連新ビジネスの法的留意点~道路運送法、交通系データ利活用等の法的論点~」
2019/09/26外部 「情報銀行とデジタル・プラットフォーマー規制最新検討状況とデータ活用ビジネスにおける法的留意点」
2019/05/28外部 知的財産権・個人情報保護法を踏まえ ヘルスケアデータの保護・利活用における法的留意点及び更なるグローバル展開時の陥穽
2019/03/04外部 「物流業界への導入が進むテクノロジー・新ビジネスモデルと法規制の重要ポイント」
ページの先頭へ
閉じる

論文・著書

2020/03/20 論文 「MaaSビジネス成功の鍵となるデータ活用と法的留意点」(研究開発リーダー)
2020/03/01 論文 「自動運転の自賠法適用範囲と旅客運送時のガイドライン整備」(The Finance)
2020/01/20 論文 「日本版MaaSの実現と法的留意点」(研究開発リーダー)
2019/12/01 論文 「自動運転車の安全性担保と保安基準整備の現状」(The Finance)
2019/09/11 著書 『起業の法務――新規ビジネス設計のケースメソッド』
2019/09/01 論文 「走行試験から読み取れる技術開発の現状と法整備の到達点」(The Finance)
2019/08/10 論文 「データが蓄積された企業・事業を取得する『データM&A』の法的留意点」(旬刊経理情報)
2019/06/17 論文 「欧米のプライベート・ディールに関するM&A契約の特徴」(MARR)
2018/08/25 論文 「M&A取引の実行時及び実行後における監査役等によるリスク管理」(月刊監査役)
2016/02/01 著書 『ペットの法律相談』
2014/03/25 著書 『実例ケースでわかる取締役のための問題解決大事典』
2013/02 著書 『ソフトウェア取引の法律相談』
2010/12/06 著書 『回収 新訂貸出管理回収手続双書』
2010/05/24 著書 『知的財産 プロフェッショナル用語辞典』

その他の論文・著書

閉じる

セミナー・講演