弁護士・弁理士等

野呂悠登 Yuto Noro


経歴

1989年
2007年 3月 宮城県仙台第二高等学校卒業
2011年 3月 東北大学法学部卒業
2013年 3月 東京大学法科大学院修了
2013年 11月 最高裁判所司法研修所入所
2014年 12月 第一東京弁護士会登録
2015年 1月 TMI総合法律事務所勤務
2015年 10月 東京大学法科大学院未修者指導講師(~2017年3月)
2017年 4月 個人情報保護委員会事務局参事官補佐
2018年 4月 TMI総合法律事務所復帰

取扱分野

専門分野・その他の取扱分野

個人情報保護法

登録・所属

第一東京弁護士会(2014) / 情報ネットワーク法学会(2018)

使用言語

日本語 / 英語
y_noro

論文・著書

2019/06/01論文 「十分性認定とGDPRにおける個人データの第三国移転」(自由と正義)
2019/05/21論文 「個人情報保護委員会「補完的ルール」をふまえた十分性認定以後のGDPR・個人情報保護法対応」(ビジネス法務)
2019/03/31論文 「要配慮個人情報の範囲に関する考察-推知情報を巡る立法および施行準備の過程の議論を通じて」(情報ネットワーク・ローレビュー)
2019/03/01論文 「<連載>職場のAIと法律問題 第6回 従業員のモニタリングとAI(2)-不正検知と個人情報保護法の観点から」(労務事情)
2019/01/01論文 「<連載>職場のAIと法律問題 人事労務担当者が押さえておきたいポイント 第4回 採用とAI(2)-個人情報保護の観点から」(労務事情)

セミナー・講演

2019/05/28外部 知的財産権・個人情報保護法を踏まえ ヘルスケアデータの保護・利活用における法的留意点及び更なるグローバル展開時の陥穽
2019/05/07外部 「第 3915 回 cookieとデータ保護の法務 ~個人情報保護法とeプライバシー指令・規則を中心に~」
2018/12/20外部 「第 3809 回 cookieに関する日欧のルールへの総合対策 ~『個人情報保護法』×『eプライバシー指令・規則』~」
2018/11/07外部 「企業におけるAI活用と個人情報保護・プライバシーの留意点」
2018/08/13外部 「第3693回 十分性認定を踏まえたGDPRの実務対応~GDPR対応の基本からEU十分性認定移転編ガイドラインの解説まで~ 」
ページの先頭へ
閉じる

論文・著書

2019/06/01 論文 「十分性認定とGDPRにおける個人データの第三国移転」(自由と正義)
2019/05/21 論文 「個人情報保護委員会「補完的ルール」をふまえた十分性認定以後のGDPR・個人情報保護法対応」(ビジネス法務)
2019/03/31 論文 「要配慮個人情報の範囲に関する考察-推知情報を巡る立法および施行準備の過程の議論を通じて」(情報ネットワーク・ローレビュー)
2019/03/01 論文 「<連載>職場のAIと法律問題 第6回 従業員のモニタリングとAI(2)-不正検知と個人情報保護法の観点から」(労務事情)
2019/01/01 論文 「<連載>職場のAIと法律問題 人事労務担当者が押さえておきたいポイント 第4回 採用とAI(2)-個人情報保護の観点から」(労務事情)
2018/10/20 論文 「外国法に対応したプライバシーポリシーの作成・見直し」(ビジネス法務)
2018/10/20 論文 「日本法に対応したプライバシーポリシーの作成・見直し」(ビジネス法務)
2018/05/21 論文 「GDPR(EU一般データ保護規則)対応の最終チェックポイント」(ビジネス法務)
2018/04/21 論文 「AIによる個人情報の取扱いの留意点」(BUSINESS LAW JOURNAL)
2018/03 著書 『個人情報管理ハンドブック〔第4版〕』
2017/06/20 著書 『セミナー形式 改正個人情報保護法のポイントと対応』(新日本法規出版)
2016/08 著書 『個人情報管理ハンドブック〔第3版〕』
閉じる

セミナー・講演