74 吉原 秀

アソシエイト(弁護士)

吉原 秀

Masaru Yoshihara

使用言語
日本語 / 英語

CAREER

Career経歴

1991年 生
2010年 3 広島学院高等学校卒業
2014年 3 大阪大学法学部法学科卒業
2016年 3 東京大学法科大学院修了
2016年12月 最高裁判所司法研修所入所
2017年12月 大阪弁護士会登録
2018年 1月 弁護士法人大江橋法律事務所勤務
2020年12 TMI総合法律事務所大阪オフィス勤務
2021年 4月 大阪弁護士会憲法問題特別委員会副委員長
2023年 4月 神戸大学法科大学院非常勤講師
2023年 9月 大阪大学法科大学院非常勤講師

SPECIALTY

取扱分野

M&A/商事関連争訟/事業承継/民事再生/私的整理/破産/その他事業再生・倒産処理/カルテル・談合/企業結合/下請法/当局対応/その他独占禁止法・競争法

AFFILIATION

登録・所属

大阪弁護士会(2017年) / 民事訴訟法学会(2018年) / 全国倒産処理弁護士ネットワーク(2018年) / 大阪弁護士会倒産実務研究会(2018年) / 大阪弁護士会憲法問題特別委員会(2018年) / 大阪弁護士会独禁法実務研究会(2019年) / 事業再生研究機構(2022年) / 全国憲法研究会(2023年) / 日本公法学会(2023年)

PUBLICATIONS・EVENTS

論文・著書・セミナー

クラウドの法的リスクとその複層性~情報セキュリティリスクや契約リスクを中心に~
経産省トイレ使用制限事件判決は何を示し、何を示さなかったのか-補助線としての二重の基準論と司法府の役割論-
手法が多様化する中小企業の「事業再生」とは?
『ガイドラインによる個人債務整理の実務Q&A150問』
中堅・中小企業のための事業再生・倒産・信用不安対応 第2回 局面に応じた事業再生手法のバリエーション-事業を再生して残す方法、いくつご存じですか?-
『日本学術会議会員任命拒否問題からみる行政と「法の支配」~行政権の「暴走」…その背景と是正への展望~』
学術会議任命拒否問題を「今」考える-「学問共同体の自律」と「学問の自由」の距離と連関をみる-
『代理人たちの憲法訴訟-憲法価値の実現にむけた営為とその記録-』
〔連載:破産事案における事業譲渡の活用・第4回〕事業譲渡の実行、Xデー後の対応、破産申立準備
岡口裁判官の罷免は本当に許されるの?-憲法上の法原則としての比例原則を考える-
〔連載:破産事案における事業譲渡の活用・第3回〕事業譲渡契約の内容、譲渡対価の適正性確保
『法人破産申立て実践マニュアル〔第2版〕』
『債権法改正を踏まえた契約書法務』

Other

論文・著書