69 大江修子

パートナー(弁護士)

大江修子

Nagako Oe

使用言語
日本語 / 英語

CAREER

Career経歴

1992年 3月 雙葉高等学校卒業
1996年 3月 早稲田大学法学部卒業
1996年 4月 最高裁判所司法研修所入所
1998年 4月 東京弁護士会登録
虎ノ門総合法律事務所勤務
2004年 6月 ハーバードロースクール卒業(LL.M.)
2004年 9月 ニューヨークのクレイマー・レヴィン・ナフタリス・アンド・フランケル法律事務所勤務
2005年 9月 あさひ・狛法律事務所勤務
2007年 2月 TMI総合法律事務所勤務
2008年 1月 パートナー就任
2016年 6月 カルビー株式会社社外監査役
2018年 3月 ウイングアーク1st株式会社社外監査役

SPECIALTY

取扱分野

商事関連争訟/商事関連争訟/労働審判、労働関係訴訟/労働審判・労働関係争訟/ブランド/情報・通信・メディア・IT/エンタテインメント・スポーツ/国際訴訟・仲裁・調停・ADR/下請法/景品表示法/出入国関連/その他家事・相続/知財トランザクション/知財戦略支援

AFFILIATION

登録・所属

東京弁護士会(1998) / 東京弁護士会・外国人の権利に関する委員会(2010年度委員長) / 著作権法学会 / 国際著作権法学会(ALAI) / 社会福祉法人読売光と愛の事業団監事(2012〜2015) / 認定NPO法人難民支援協会(JAR)理事(2014〜現在)

PUBLICATIONS・EVENTS

論文・著書・セミナー

「連載 著作隣接権総ざらい」(月刊コピライト)
【追加開催決定】TMI特別セミナー「国際仲裁の動向と対策」

Other

専門分野・その他の取扱分野/論文/著書

■専門分野・その他の取扱分野

渉外家事


■その他の論文・著書

  • 著書 (Contributor to Japan section)  『Carter Ruck on Libel and Privacy 6th edition』 Lexis Nexis
  • 著書 『外国人の法律相談』 東京弁護士会外国人の権利に関する委員会(編) 学陽書房(共著)
  • 論文 「WTOパネル報告書の分析-知的財産権の保護及び執行に影響する中国の措置-」 知財研フォーラム82号 一般財団法人知的財産研究所(共著)