69 成本治男

パートナー(弁護士)

成本治男

Haruo Narimoto

使用言語
日本語 / 英語

CAREER

Career経歴

1975年 生
1994年 3月 東海高等学校卒業
1998年 3月 早稲田大学法学部卒業
1998年 4月 最高裁判所司法研修所入所
2000年 4月 東京弁護士会登録
TMI総合法律事務所勤務
2006年 1月 パートナー就任
2008年 9月 韓国の金・張法律事務所勤務
2009年 1月 ロンドンのシモンズ・アンド・シモンズ法律事務所勤務
2009年 10月 TMI総合法律事務所復帰
2021年 9 シンガポールオフィス/東京オフィス勤務

SPECIALTY

取扱分野

ストラクチャードファイナンス/プロジェクトファイナンス/コーポレートファイナンス/Fintech(暗号資産、資金決済、クラウドファンディング他)/不動産投資/不動産開発

AFFILIATION

登録・所属

東京弁護士会(2000)/ マンション再生協会 / 流動化・証券化協議会 / 信託法学会 /(一社)日本セキュリティトークン協会 理事 /(一社)日本クラウドファンディング協会 理事 /(一社)不動産特定共同事業者協議会 アドバイザー /(一社)不動産テック協会 アドバイザー /(一社)LIVING TECH協会 監事 /(一社)不動産情報共有推進協議会 監事

PUBLICATIONS・EVENTS

論文・著書・セミナー

web3時代におけるRWA(Real World Asset)の法的枠組みと今後の展望
web3時代におけるRWA(Real World Asset)の法的枠組みと今後の展望
不動産小口化商品 ~相続税対策不動産小口化商品から不動産クラウドファンディング・不動産セキュリティトークンまで~
セキュリティトークン,NFT,トークナイズドアセットの法的枠組み
トークン化商品の法的枠組み~セキュリティトークン、NFT、トークナイズドアセット~
TMI特別セミナー「NFT、メタバースビジネスの法的諸問題と最新動向」
企業のためのメタバースビジネスインサイト:法の観点から見るメタバース 不動産編
トークン化商品の法的枠組み~セキュリティトークン、NFT、トークナイズドアセット~
不動産ファンドビジネスのための基本的なスキームの解説~多数の案件に係る専門家が実際に多用されるスキームを中心に解説~
トークン化商品・ビジネスの可能性と法的枠組み〜セキュリティトークン、NFT、トークナイズドアセット〜
新しい不動産サービス(商品)と法律スキーム
不動産CFの注意点 事業者の信用力や目利き力を要確認
不動産ファンド2.0 〜不動産クラウドファンディングを中心に最新の実務と法改正を踏まえて〜
不動産ファンドビジネス・スキームの最新動向~最新の実務と法改正等を踏まえて~
[不動産クラウドファンディング][セキュリティトークン]の法務と事業化実務講座
不動産DXを見据えた新しい商品開発とビジネスモデル
「不動産ファンドビジネスのための基本的なスキームの解説」
『不動産特定共同事業法に基づくクラウドファンディング資料集』
「不動産クラウドファンディングと不動産STOの最新動向」

OTHER

専門分野・その他の取扱分野

PropTech(不動産テック) / セキュリティトークン / 暗号資産 / NFT / トークン / ファンド / 信託 / 金融取引 / トークンファイナンス / 太陽光発電その他再生可能エネルギー / マンション建替え / 不動産訴訟 / 国際法務(韓国) / 国際法務(シンガポール)