71 包城偉豊

カウンセル(弁護士)

包城偉豊

Iho Hojo

使用言語
日本語 / 英語 / 中国語

CAREER

Career経歴

1985年 生
2004年 3月 慶應義塾高等学校卒業
2008年 3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2010年 3月 慶應義塾大学法科大学院修了
2011年 11月 最高裁判所司法研修所入所
2012年 12月 第二東京弁護士会登録
ひかり総合法律事務所勤務
2015年 5月 TMI総合法律事務所勤務
2016年 6月 TMI総合法律事務所上海オフィス常駐代表就任
2017年 8月 TMI総合法律事務所北京オフィス首席代表就任
2023年 1月 カウンセル就任

SPECIALTY

取扱分野

知財争訟/商事関連争訟/破産/著作権/刑事訴訟/不動産投資/遺産分割協議/その他家事・相続

AFFILIATION

登録・所属

第二東京弁護士会(2012)

PUBLICATIONS・EVENTS

論文・著書・セミナー

近時の中国における日系企業と立法の動向
『データ利活用のビジネスと法務』
【アップデート版】中国個人情報保護法の実務対応
改正中国会社法のポイントと実務上の留意点
「転換期を迎えた中国ビジネス」 直近のビジネス環境・法改正から事業再編、撤退、M&A時の留意点を解説 ― 法務・財務・税務の専門家によるパネルディスカッションも交えて ―
日本の知的財産権に関する最新の法改正とその影響
TMI大阪オフィス・名古屋オフィス特別セミナー 中国ビジネスの進出から撤退まで~近時注目される中国個人情報保護法対応や中国子会社管理にもフォーカス~
【アップデート版】中国個人情報保護法の実務対応
2023年第4回みずほ日中協働セミナー「中国における生成型AIに関する法規制動向」
【アップデート版】中国個人情報保護法の実務対応〔アーカイブセミナー・2022年10月25日開催分(約3時間)〕
第171回TMI月例セミナー「中国でのブランド保護の実務~宣伝広告上の留意点も踏まえて~」
第156回TMI月例セミナー「実務担当者が押さえておきたい中国法務のポイント」
中国個人情報保護法の概説と実務対応〜法施行後のアップデートも踏まえて〜
第3回オンライン情報法セミナー 中韓の個人情報保護法制の最新トピック「中国個人情報保護法の概要と実務的な対応」
海外知財アップデート 中国における近時の知的財産権保護の動向